悪童危うきに寄り倒し

 
2016/03/17(木)  新井信介の深読みが当たると…
アジアの盟主は誰?
京の風新井信介氏のこの指摘は意味が深い。
なぜ、今、北朝鮮の若大将が、ここに来て吠えるのか? 人類の未来を賭けた大きな計略がありそうだ。 (記事)
「人類の未来を掛けた大きな計略」を金正恩が持っている!と新井信介氏は匂わしているからだ。
しかし,新井の匂わせぶりは,独りよがりの思わせぶりではない。
ちゃんと伏線は示してある。
ただし大変な伏線である。 こんなふ~だ。
フクイチ問題は、日本列島だけの問題ではない。
(中略)
プーチンがシリアからロシア軍を引いたのは、ケリーと語らって東アジアに集中するためか?
新井信介の読みは,いつも深い。
「プーチンは,フクイチ問題に集中するためにケリーと語らった!」 と。 これがたぶん新井信介の“深読み”だろう。

そうしておいて新井は,「北朝鮮の若大将には人類の未来を賭けた大きな計略がありそうだ…」などと匂わす。

これは,プーチンと金正恩の“超緊密な関係と連繋”を新井信介が完全に読みきっているからだ。
☆プーチンと金正恩の超緊密な関係☆
国連安全保障理事会は3月2日,北朝鮮の最近の核実験やロケット発射に対し、北朝鮮に対する(かつてないほど厳しい)制裁を強化することを決議した。ロシア、中国も制裁に賛成した。(記事)

この厳格きわまる制裁決議を安倍総理などは小躍りして喜んだが,しかし,実態は効果なし!

制裁の効果があれば,北朝鮮は「参りました!」と制裁緩和を依願してくるはずだが,逆に金正恩は「核兵器の発射準備!」と居直る始末。(記事)

いまの日本は何も分かっちゃいない。

60年以上も世界最強の米国を相手に一歩も引かず,強気一点張りで闘ってきた北朝鮮の独立独歩の覇気の凄まじさは,米国のメカケ国家・日本には分からん蛇老。

そんなことより…,国連の制裁決議を逆手(さかて)にとって,プーチンと金正恩は二人仲良く手を取りあって,北朝鮮東部の羅津(ラジン)港と羅先(ラソン)特別市の大開発を決めてしまった。これは核ミサイル計画には関連しない分野のコトだから堂々たるもんだ。

つまりロシアは,羅津(ラジン)港に向けて敷設していた鉄道54キロを活用しつつ,北朝鮮をウインウインのパートナーにしてしまったワケ。

念願の巨大な不凍港を得たロシアとその経済効果を共に享受する北朝鮮は,羅津(ラジン)と羅先(ラソン)一帯を,大連や深圳を凌ぐ経済特区にして両国の経済を大発展させるだろう。

今後,露朝両国にとって最大の問題は,ニッポンのフクイチだ。

数千トンの核燃料がムキ出しのまま露天臨界し続け,大量の放射性物質を噴出させるニッポンのフクイチ!

フクイチだけは何とかしないとな! と,プーチンは金正恩に“真相”を教えたハズだ。

ともかく金正恩(33)は,強気一点張りだ。
飯山 一郎




寄り倒し(よりたおし)とは、相撲の決まり手のひとつである。四つに組んだ体勢になって自分の体を対戦相手に密着させ、前か横に進みながら相手を土俵外へ倒す技。土俵上で倒せば浴びせ倒しになる。


プーチンと正恩の
ダブルスは圧勝中

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか