ブラックホール日本の終焉

 
2016/03/16(水)2  さぁ フクイチ鎮圧の案が出てくるぞ!
新井信介:謎多いMSG
「チェルノブイリを石棺した経験と、三峡ダムを造り上げた経験なくしては、工程表すら書けないでしょう」 という新井信介の奇妙なメッセージ。フクイチ鎮圧の「工程表」を書いている国がある!ってこと?
新井信介
(前略)
プーチンがシリアからロシア軍を引いたのは、ケリーと語らって東アジアに集中するためか?

本気でフクシマ処理に入る時、放射能での極限の非常事態経験と、莫大な人数の巨大土木経験が不可欠。

これは、今のアメリカには無いし、もちろん、日本にはなく、その処理手順をイメージできる視野すらない。

チェルノブイリを石棺した経験と、三峡ダムを造り上げた経験なくしては、工程表すら書けないでしょう。

なぜ、今、北朝鮮の若大将が、ここに来て吠えるのか? 人類の未来を賭けた、大きな計略がありそうだ。

全文を読むには → ココをクリック!
3月11日,ロイター通信社は,フクイチの現状について,
「事実上打つ手なし!デブリの位置も分からず,何も出来ない状態」と動画入りの記事を世界に配信した。
(記事)
これは「現在の日本には,フクイチを鎮圧する能力もなければ意思もない!」 という宣告である。
日本は,いわば「意思無能力者(意思能力を欠く者)」あるいは「禁治産者」の宣告を受けた感じだ。
この「ロイター宣告」が,いま,世界中に拡散している…。

新井信介の情報は,たぶん,「梅」か「李」あたりからの極秘情報で,「王族会議」の情報ではないだろう。

「今のアメリカや日本には,フクイチ鎮圧の処理手順をイメージする視野すらない!」 と新井信介は書いているが,まぁ,そのとおりだ。

しかし,それでは口惜しいので,「処理手順」の概略的なコンテぐらいは書いておきたい。

  1. フクイチ鎮圧の第一歩は,先ずは何が何でもデブリの臨界を停止させて,放射性物質の大量噴出を止めることだ。
  2. 核燃料も原爆も塊(カタマリ)が大きくなると臨界が始まる。
    だから,デブリの巨大なカタマリを細かく破砕してしまえば臨界が止まる。
  3. デブリの破砕・細分化は,小型戦術核(ミニ水爆)をバンカーバスターでデブリの中心部に撃ち込めば済む! この技術はロシアが持っている。
  4. デブリがバラバラになって臨界が止まったら,最終的には『石棺』なのだが,これは最終工程。
  5. フクイチ一帯には,数千トンの核燃料が散乱しまくったので,この上部を世界中から集めた粒子状の鉛で覆う。厚さは最低1メートル。
  6. その鉛層の上部に,奥羽山脈・八溝山脈の山容(山々の形)を変えるほど掘りまくった岩石と土砂で覆う。フクイチの沖合も10kmぐらい先まで埋め立てる。埋め立てる厚さは300メートル!
  7. これは八溝山脈をソックリ移動させる!という大工事だ。この工事は,万里の長城や三峡ダムを築造した中国ならできる!…と新井信介は言ってるのか?
  8. 最後は『石棺』と『鉄棺』の工事。これは20年くらいかかる。
  9. その20年間に日本の人口は,1千万人以下になるだろうが…。
以上の『工程表・コンテ』に,新井信介は文句を言わないだろう。

中国の「梅」や,クレムリンの内部でも,現在までに何度か検討されてきた『デッサン』の一つなんだから…。

それより何より,われわれ日本人は,先ずは生き残ることだ!
飯山 一郎






敗戦後、西のイスラエル 東の日本は
戦争屋たちの
「マネロン中継地点 ブラックボックス」でした。

可愛そうな被害者ゆだーや政府
平和偽装の被ばくヌッポン政府

でも、もうそろそろ滅ぼす時です。

その前に、
マスゴミはロシアに組み込まれ
成り済ましヌッポンの
偽善の化けの皮が
でろんでろんに
はげ落ちるでしょう。

ひぃ~ひひひひひ


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか