ヒラリー陣営を無力化 in シリア

 
2016/03/15(火) 勝軍の将 敗軍の将に 奢りを見せず
軍帥の引き際
唐突に「軍を引く!」と世界に向けて発信する! 見事な引き際!というより,国軍を手駒の如くに迅速に撤収させるプーチン軍帥の采配ぶりは世界の戦史に残る。
引き際
SPUTNIK
プーチン大統領 シリアからのロシア部隊撤退開始を命じる
『スプートニク』 2016年03月16日 http://sptnkne.ws/aQyE
ロシアのプーチン大統領は、同国のショイグ国防相に対し、任務は遂行されたため、14日火曜日からロシア部隊のシリアからの撤退を開始するよう命じた。

プーチン大統領は、この措置が紛争当事者たちにとって良いシグナルとなることに期待を表した。

プーチン大統領は、ショイグ国防相ならびにラヴロフ外相との会談で、次のように述べた-
「国防省と軍に課された任務は全体として遂行されたため、明日(14日火曜日)から我々の軍部隊の主要部分のシリア・アラブ共和国からの撤退を開始するよう国防相に命じる。」

プーチン大統領はまたシリアのタルトゥースとフメイミムにあるロシア軍の拠点(海軍基地と空軍基地)は今までと同じ体制で機能し、陸海空からしっかりと保護されなければならないと述べた。
「資金不足も撤収の理由だろう」などと訳知り顔で言うのは,国家と戦費の無関係の法則を知らぬ阿呆の言だが,米国戦争屋・中東破壊強奪集団なども勘違い馬鹿なので,シリアに戻る可能性は高い…。
しかし,それはそれで格好の『釣り野伏せ』戦法になる。

今回のロシアによるシリア空爆の目的は,ISIS殲滅のほかに,最強の空軍力を世界に見せつけ,さらに各種空爆兵器の実地訓練という目的もあった。

これらの目標が達成されたので撤収!ということなのであるが…,しかし,プーチンの撤収命令は空軍力=最新鋭の戦闘機の撤収であって,
「シリアのタルトゥースとフメイミムにあるロシア軍の拠点(海軍基地と空軍基地)は今までと同じ体制で機能し、陸海空からしっかりと保護される」と,プーチンは明言している。

これはどういうことか?

ファイター(戦闘機)の出番は終った!
次は戦闘ロボット軍の実践訓練だ!
さらに,ミサイル(S400)の出番の威力も見せつける!

ようするに…,
イラクやリビアでヤッたように,シリアという国家を崩壊させて丸ごと略奪する!というヒラリー流の国家丸ごと略奪ビジネスを,プーチンはシリアにおいて完膚無きまでに粉砕したのである。
飯山 一郎


愛されないキャラ
ヒラリー婆さん
「正義」とうそぶき
イラクやリビアで
押込み強盗をやりました。

その資金を元に
政権を牛耳ってきました。

もう、バレバレです。

そのあこぎなビジネスを
シリアでもやろうとしていた。
ISIS団を使って。

すっかりバレバレです。

あげく、プーチンを
フーリガン扱いで罵倒しました。

最後は
薬か酒におぼれて
死ぬことになるらしい(爆w)


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか