ベラルーシの警官 お見事!

 
SPUTNIK
ベラルーシで警官が車にひかれそうになった小学生の身代わりになる
『スプートニク』 2016年03月9日 http://sptnkne.ws/aPkv

ベラルーシのヴィーツェプスクで、警官が車にひかれそうになった子供を自分の体を犠牲にして助けた。


警備局鉄道課の警官セルゲイ・バタルコ准尉は、道路を渡る小学生の後ろを歩いていた。その時突然、小学生に向かって車が走ってきた。バタルコ准尉は、小学生が背負っていたリュックをつかんで引き寄せ、自分の体を犠牲にして守った。

バタルコ准尉は、左足を打撲したが、小学生にけがはなかった。



おけーさつさーん、
子ども達が大変です!

放射能まみれの中学校に通い、
汚染給食を流し込まれて、
被曝場で運動させられてます!

ランドセル引っ張って守らなくて
いいんでしょーか?

つか、ホンモノの灰汁を
取っ捕まえなくていいんでしょーか?

BY バカ主婦A子さんの主張

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか