太陽を見よう!

 
2016/03/10(木) 日食は 太陽直視を 禁ずる日
太陽凝視で健康体
「肉眼で見るのは絶対に駄目!」というのは,現代医学が迷信である証拠だ。
ワシは,太陽が出るとベランダに寝そべり,太陽凝視を連続30分。爽快,この上なし。
インドネシアでは,真っ黒いサングラスしてる人なんていない!
日食
インドネシアの10州以上で9日朝、地球と太陽の間を月が横切って太陽が完全に隠れる皆既日食が観測された。 (日経の記事)

日本では,日食の日は,太陽直視を禁ずるキャンペーンの日だ。

肉眼で見るのは絶対にNG!

大きな太陽は望遠鏡など特殊な機材がなくても、晴れてさえいれば観測できるはず。
…ではあるが、ひとつだけ注意したいことがある。

「絶対に肉眼では観察しないこと」だ。長時間太陽を見つめていると目を痛め、悪くすると失明する危険がある。

長時間太陽を見つめていると失明する危険がある! この迷信を,大半の医者が信じている。 これを盲信!という。(爆)

ワシは,「一般常識」の間違いを書き続けてきた。
その最も強烈なメッセージは…,
「人間は病気では死なない! 病院での治療で死ぬ!」というもの。
これでイノチが助かった人が何千人いるか分からない。
病院に行かなかっために,死んだ!という人は一人もいない!
そらそ~だ。
病気でもないのに「検査だ!入院だ!」と言ってくる病院側の悪辣な営業トークを断れ!と指導したのだからな。
それはそ~と,太陽凝視。
これには摩訶不思議な効果・効能があって,頭の柔軟な人は,以下の太陽凝視に関するワシの文章をジックリ読んでみてほしい。
古い常識に囚われた固い脳味噌を刺激して柔軟さを取り戻すためにも,「太陽凝視」は,ほんと,最適の「修行」だ。
飯山 一郎


赤ちゃんを日光浴させると
じーっと上を見てるよ。
太陽を見てるよ。

太陽凝視で失明?
馬鹿ですか?
何かのカルトですか?

え、放射能を吸うと体に良い?

日本丸ごとカルトですねっ。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか