そもそも「風邪」って何ですか?

 
2016/03/06(日)  クシャミ3回 ルルのまない
クラビットものまない
昨日,抗菌剤『クラビット』のことを書いた。好評だった。これはクスリに頼りたいシトが大勢いる!ってことで,世の中,悪徳医者のカモばかりなんだ罠ww 情けない。

ワシが『クラビット』を服用したのは,リンパ節炎の痛みを早期に解消して仕事をしたかったからで…,『クラビット』なんていう毒薬は本当は飲んではいけない!

だいたいだ。医学,医者,医療システム…,どれもこれも悪徳でニセものばかり。本物など一つもない。医学を最先端の学問!などというのもウソだ。医学なんてものは,学問でも科学でもない。たんなる思い込みと信仰の体系でしかない。

医学・薬学・医者・病院…,現代の医療システムが治せる病気は,じつは,ひとつも無い!
風邪の効用 

この本を読むと、風邪をひきたくなる!
少なくとも、病気になることにビクビクしなくてもすむようになる。
風邪が治ってしまうと、たいてい体の調子が前より良くなっている。風邪を治すことばかり考えるのではなく、自力で自然治癒させることだ。
風邪をどうやって治すか、ではなく、風邪という病気をどう考えるか、という点で、非常に示唆に富んでいる本だ。原著は1962年の出版だが…、いまだに熟読すべき知恵の書だ。

風邪に関して…,飯山一郎は昔から沢山の文章を書いてきた。
その目次は
ココ (ウィルス・パンデミック対策&秘策!)にある。

風邪やインフルエンザとの付き合い方。これ次第で我々の人生は,強くも弱くもなる。
その基本的な考え方は…,
病院には行くな! クスリは飲むな! 鼠~コトだ。

人間は,病気では死なない! 医者の治療行為で死ぬ!
飯山 一郎


病院に行って
医者が風邪の原理を
説明した事
ありますか?

医者自体が
わーかってないのです。

わかっていない事を
物知り顔で
むやみやたらに薬の押し売り

こういうのを、霊感商法と言います。
壺とかわらん。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか