日本人街計画着々と

 
2016/02/20(土)  人間到る処青山あり
極上の金蝉(セミ)
青州市政府の偉い方々との食事会。貴賓のためにワシは,「金蝉(セミ)」と「銀魚」を選んだ。
「銀魚」は,尖閣諸島(釣魚群島)産だWWW
金蝉   銀魚
「金蝉(セミ)」は美味かった!青州市政府の偉い方々のために主賓側は「海鼠(ナマコ)」を出した
金蝉 銀魚 海鼠
中国料理は,日本人からすると「ゲテモノ」が多いがwww,ここを心理的に乗り越えると,付き合いは深まる。

猛毒のヘビ(「一歩蛇」,噛まれると一歩も歩けず即死)というヘビ料理の専門店に,ワシは中国政府の偉い方々を招待したことがあった…。

彼らは「一歩蛇」の気迫にすっかり怖気(オジケ)づいてしまって,食べなかった。ワシは豪快に紹興酒を飲みながら「一歩蛇」を鱈腹食った。

「あなたは“一歩蛇”が食えない。日本人みたいだ!」
と高級官僚に言ったら,恐縮していた。ガハハ

中国でのワシの行動と考え方の基本には,今後,日本人が安心して住める場所を確保する!という目的がある。

日本人が海外でたくましく生きていく方法を,ひとつの見本(手本ではない)として提示する!という観点もある。

なによりも先ず青州市には,(技術力とヤル気のある)日本人を熱烈歓迎する!という方針を認めていただいた。

「技術力」とは,たとえば玄米乳酸菌をキチンと培養できる技術?
これだけでE~。

人間,生きていくだけなら簡単だ。 至る所に青山あり!だ

近々,青州市で楽しい事業が始まる! 見ていて欲しい!>皆の衆
飯山 一郎


こういう事は、
行政レベルでやったら
あっという間ですたい。

日本にも地方に沢山あるよね。
無駄な「即席学園都市」。

いずれ多摩ゴーストニュータウン。

「生きた街」を作れない日本の行政は
最初から終わってたね。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか