オスマンファビョル帝国 終了

 
2016/02/17(水)2  トルコ・エルドアンの自殺行為
CIAもトルコを捨てた
CIA長官が,ISIS等の過激組織による米国内でのテロ発生を警告したことは重大である。中東の過激集団と密接な関係にある米国好戦派,トルコ,サウジは,今後,米国内でも非難され,CIAに警戒される。

案の定,バイデン副大統領がトルコに対してシリア北部への砲撃停止を求めたし(記事),米国務省もトルコに対しシリアへの攻撃停止を呼び掛けた(記事)
米国政府とCIAは,トルコを捨てたのである。

John Owen Brennan
SPUTNIK
CIA長官:イスラム過激派が米国でテロを企てる恐れがある
『スプートニク』 2016年02月日 http://sptnkne.ws/aCK6
テロ組織「ダーイシュ(ISIS)」などのイスラム過激派が、米国で新たなテロを企てる恐れがある。米中央情報局(CIA)のブレナン長官が、14日放映のCBS-TVのインタビューで語った。
ロシアも,
トルコによるシリア砲撃はテロリズムへの公然たる支持!と,トルコを厳しく批判した。
(記事)

ロシアと米国政府にクルド人攻撃を非難されたトルコは猛烈に抵抗し(記事),砲撃を激化させている(記事)が,自殺行為(Policial and military Suicide)だ。

「トルコ、米主導連合軍とシリアの地上戦の詳細を検討」(記事)。いよいよ戦争屋勢力の発狂自爆的な最後の攻撃が始まりそうだ。

米国政府(ホワイトハウス)は,トルコに駐留する米軍の制御が出来ないまま…,シリアの戦場では,間もなく最終戦が始まる。
飯山 一郎


ウヨサヨマッチポンプによる
インチキ騒動画策
火事場泥棒政権

火病ってるぅ

火病と書いて ファビョンと読む

(つい最近まで知らなかったのはひみちゅ)

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか