危機管理欠如で崩壊

 
2016/02/14(日) アメリカでもストロンチウム失神
東京では日常茶飯事
米空軍少将:ブリーフィング中に意識を失う(動画)


https://youtu.be/8Irv0hET_-o
米空軍のジェームズ・マーティン少将が、米国防総省のブリーフィングの最中に意識を失った。
テレビ局CNNが、その時の動画を公開した。
マーティン少将は、戦闘機F35の製造計画について会見中に気を失った。
その後、マーティン氏のもとに同僚が駆け付け、マーティン氏を椅子に座らせ、水を飲むよう勧めた。
マーティン氏と一緒に壇上に上がっていた予算担当のキャロライン・グリーソン氏は、「これはF35が皆さんと行うことです」と冗談を言った。
マーティン少将は、病院へ搬送されたという。 
(記事)

この気絶は,不整脈や循環器疾患が原因の心原性失神ではなく,ストロンチウム失神だ。と,最悪を想定して危機管理を行わないと,ペンタゴンは崩壊するだろう。

このニュース,『スプートニク』が大きく扱ったが,クレムリンは詳細に分析しているはずだ。

「氷山の一角だ…」とプーチンがつぶやいた,という情報はない。



ブレンスキーたちの私物化植民地は
元から崩壊していた
思考が

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか