監視管理廃棄ブツ社会

 
2016/02/08(月)  ニッポン・セックスレス現象は正解!
何もしない
「何もしないから…」などとウソを言いつつラブホに入り,何でもヤッちゃう! これがワシらの時代。
いまどきの青年は,ほんとに何もしない。
MarilynMonroe
SPUTNIK
セックスが日本経済を破壊する?
『スプートニク』 2016年02月06日 http://sptnkne.ws/a9Kv
日本ではここ数年、性的反革命とも言うべきものが生じている。日本の若者達が、もはやデートもせず結婚もしないばかりか、セックスも欲しなくなっているというのだ。この現象は「独身症候群」と呼ばれ、社会学者らは、すでに数年前から指摘してきた。

(全文を読む)

アメリカが輝いていた60年代は,マリリン・モンローも絶頂期だった。

10才年上のニューヨーク・ヤンキースのスーパースター・ジョー・ディマジオとの結婚に,世界中が熱狂した。

そんな二人がハネムーン先に選んだのは、なんと日本だった。滞在先は帝国ホテル。

当時、マリリンとジョー・ディマジオの来日に日本のファンは発狂。
ビートルズ来日の時以上の騒ぎだった。

嗚呼,マリリンモンロー! いま想ってもコカンが熱くなる。

それほどに,マリリンモンローは,未だ世界の老人たちの「セックス・シンボル」であり続けているwww

いまどきの若者と違って,若い時分のワシらは性欲に溢れてゐた! 「ヰタ・セクスアリス」という森鴎外の小説の題名を見ただけでも凸ッキしたし。

穴があいていれば障子の穴にも凸ッコんだし,スカートをはいていればスコットランドの兵隊も押し倒したい!と夢想して夢精した。

「膣」とか「凹」という字を見ただけで,墨鬼(ぼっき)となったもんだ。

女子割礼(じょしかつれい、Female Circumcision,とくに「クリ剥き」)の風習のないニッポン男児は,「クリムキ」の技術を口伝で教わり,女性のクリをムイて女の性感を向上させ,「逝く女」にしたもんだ。

こういう「ニッポンの伝統的な性の技術」は完全にすたれたようだ。

それでE~のだ。いまや,ニッポン青年の精子製造能力は空洞化したが,それでE~のだ。

今は赤子を生む時代ではない。生まれてくる赤子が可哀想すぎる。

近い将来,フから遠く離れたホのない国に皆が集団で移住する暁(あかつき)には,E~山の爺ちゃんが,ナマナマしい「ヰタ・セクスアリス」(わが性春の遍歴)を語りながら,「クリムキ」のヤリ方も実技・実演で指導する。

そのときがくれば…,
遠い異国の地で,ニッポンの青年も凸ッキ凸ッキになるはずだ!
飯山 一郎

日本は人体実験用のモルモット場であり
日本人は、一匹二匹と数えられ
出産率も制御されてきたからね

死ねばただの放射性廃棄物

恋は妄想メロドラマ
愛は執着エゴイズム

そしてもれなく熟年離婚

子どもも孫もいるはずなのに
じじぃとばばぁは独居孤独死

子どもは学校で大嘘洗脳と汚染給食死
親は過労か過食死

まともな事をすれば
もれなくマスゴミと警察がやってきて口封じ


Hを楽しむなんて発想が
そもそも育たない去勢列島

江戸時代は混浴おおらかパラダイスだったのにねー

黒船はんたーい!
こんな植民地は、はよー
解体されたらええねんっ

民族浄化される前に

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか