ロシアの安全バター切望


ロシアのバターが日本の食卓にのぼる日は来る?

© Flickr/ Veganbaking.net
経済

日 本におけるバターの品薄問題はなかなか解決しない。農林水産省は2016年度、バターを7000トン輸入すると発表した。しかしこの数字は増える可能性が ある。前年度は当初2800トンのみ輸入するとしていたが、途中で大幅に在庫が不足すると判断し、追加で一万トンを輸入することになったのだ。バターは国 内の酪農家を保護する目的で、事実上国が輸入を一元管理している。農畜産業振興機構が2月2日に発表したデータによれば、有塩バター200グラムの平均価 格は395.8円となっており前年同期比で9.4円高くなっている。


一 方のロシアでは、欧米からの経済制裁を受けて乳製品の輸入が大幅に減った。乳製品のニュースと分析を専門とする「ミルクニュース」によれば、ロシア乳業連 合の統計で、2015年1月から11月までの間にロシアの乳製品の輸入は25パーセント減少した。しかし国内での乳製品の生産は伸びており、品不足には なっていない。ロシア農業省畜産・繁殖部のラビノフ部長は、ロシアの大・中規模の酪農団体では、乳牛一頭あたりの生乳の生産量が2015年に前年比5.3 パーセント増になったことを評価し、当局の支援が安定的な畜産業発展の助けになっているとしている。

ロシアではバターを筆頭に乳製品は日本以上 に生活に浸透しており、種類が豊富で価格も手ごろだ。ロシアで主流の無塩バターは約180グラムでおよそ 120円程度で買える。ロシアから、バターを日本に販売することができるのだろうか。農畜産業振興機構・畜産需給部の石橋部長にお話を伺った。


続きを読む http://sptnkne.ws/a8ZP

ロシアの乳製品なら
安全だろう!!!


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか