キッシンジャーというじぃさん


 
2016/02/05(金)  キッシンジャー モスクワ入りは 直談判
内容の無い記事www
『スプートニク』は「プーチン大統領がキッシンジャー元米国務長官(92)をクレムリン招きいれた」 とだけ報道。記事には書けない何かがあったのだ。92才の老骨が極寒のモスクワに行く!というのは並大抵の労苦ではない。
文字
SPUTNIK
プーチン大統領、キッシンジャー元米国務長官と会談
『スプートニク』 2016年01月04日 http://sptnkne.ws/a8Pt
プーチン大統領は大統領官邸にキッシンジャー元米国務長官(92)を招きいれた。タス通信が3日報じた。ロシア大統領府のペスコフ報道官が明らかにした。

ペスコフ報道官は、今回の招きは両者の友好的な交流の延長上で行なわれたと語っている。

「プーチン大統領は、こうした機会を現在の国際政治問題を話し合い、情勢の今後の展開について話し合う場として、非常に大切にしている。」

キッシンジャー氏は1973-1977年にわたって米国務長官をつとめており、米ソ関係の「デタント」を言い出した人物。1973年、ノーベル平和賞を受賞している。 (記事)
極寒のモスクワで92才の超VIPにコロリと逝かれないように,プーチン大統領がどれ程の気をつかったかは,不明。

キッシンジャーのモスクワ入りは,特別仕立ての軍用旅客機が使われたという説もあるが,不明。

20~30人の石段がクレムリンの医師団を登っていった,という噂もあるが,不明。

プーチン大統領(63) vs キッシンジャー元米国務長官(92)の会談内容は,全く不明。

そこで,昨日の飯山一郎のキッシンジャー訪露に関する記事を読めば分かる。読者がどの程度理解できるかは,不明。

ヘンリー・キッシンジャー(92)。ズビグネフ・ブレジンスキー(87)。
アメリカという国は,この二人のスーパー老人の院政下にあるという長老支配国家説は,あながち的外れではない。

ジョージ・ソロス(85)などはチンピラ強盗の類(たぐい)でしかないが。

ブレジンスキー(87)は,アルカイダやダーイシュ(ISIS)を育てた本物の強盗だが…,キッシンジャー(92)という高級国家詐欺師にはアタマが上がらないようだ。

そこでプーチンが策略を働かせて,アメリカ政財界の奥の院からキッシンジャーをおびき寄せ,おそらく今世紀最大の談合をしたのだ。

それにしても,キッシンジャーを極寒のモスクワに呼び寄せる!というプーチンの貫禄と器量は,ほんと,大したもんだ。
飯山 一郎

今後の生き残り策は,先ず世界の状況を正確に読む!
次に身を守る知恵と技術を会得
これを読むと万全!

.
.
飯山一郎の世界の読み方・身の守り方 







毛がふさふさ
植毛かな?

そこかよっ?

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか