老眼フォント?


2016/01/17(日) 新刊: 『飯山一郎の世界の読み方・身の守り方』
新刊!新発売
「魂のメッセージ」というより 「究極のメッセージ」です
あるいは 「最後のメッセージ」 になるかもしれません
飯山一郎の世界
紀伊國屋書店が,飯山一郎の著書を 先行販売! 画期的な商法だ。

先行発売の書店は以下の三店です。
 紀伊國屋書店 新宿本店
 紀伊國屋書店 横浜店 (横浜には三店の紀伊國屋書店があり、そごう百貨店7階の店舗です)
 紀伊國屋書店 梅田本店

売り切れ御免になります。御免なさい。
あとは22日以降に再入荷となります。
定価は,1620円です。

政府・マスコミの情報隠しが,益々露骨になってきている。

ベッキーの不倫騒動,ダイゴの結婚,SMAPの解散などの大袈裟な報道合戦は,真実・真相を隠すためのスピン・コントロールだ。

これは,東京で首都機能のマヒが始まってること,その深刻な放射能災害状況を隠すためだ。 (記事)

案の定,きょうから首都圏の電車の運行情報を知らせるサイトは,「遅延なし! 正常運行!」 と,真っ白け。 (記事1) (記事2)

先日までは,「首都圏の列車、全線、遅延か見合わせ!」 (記事) で,マッカッカだったのに。

これは,いったい,どういうことか?

首都圏の列車・電車のマヒが相当ヒドくなってきている!

そして,鉄道マヒのヒドさに対する大きな不安感を鎮めねばならない状態になっている! ということだ。

いまの日本は,「読みが深い人」だけが生き残れる!という深刻な状況になってしまっている!

それでは,いま,日本と世界を正確に読み,的確な認識をもつためには,どうしたら良いのか?

そうして,日本と世界の厳しい極限状況のなかで,どうやって生き延びていったら良いのか?

その答が,『飯山一郎の世界の読み方・身の守り方』には,ビシッ!と書いてあります。

けっこう厚い本ですが,スラスラ読めます。

「飯山一郎・最後のメッセージ」とも言える悲壮な部分もある。

しかし読後は,深い安心感がわき,大きな夢と希望が生まれます。

どうか,どうぞ,御購入の上,御愛読を賜りますよう,飯山一郎,衷心からのお願いを申しあげます。恐惶謹言。
飯山 一郎


小さい字が
マジで見えんようになってきた
やばいー


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか