ぼくたち正義の味方 ロシア悪者

 2016/01/06(水)  米国の説教はヤクザの説教に似てるwww
説 教 強 盗
強盗が押し入った先で「この家は鍵が外れやすい。もっと用心しなさい!」などと“親切”に説教する。コレに似ているな、米国はww
Pentagon 
アメリカ国防総省の本庁舎:ペンタゴン(Pentagon)
米国防総省:「我々はロシアを脅威とみなし続けるが、ロシアは米を脅威とみなすに及ばない
米国防総省は4日、「ロシアは、米国を脅威とみなすには及ばない」と、記者団に述べた。
いっぽう、米国のダンフォード統合参謀議長は同じ日、「米国は、ロシアを今も脅威とみなし続けている」と述べた、という。 
(記事)

アメリカの歴史は…、テロ暴力集団を使って他国を破壊し、侵略し、植民地・属国にして、その国の富を奪う! という帝国主義の歴史だった。

大航海の時代以来…、欧米の白人国家はアジア・アフリカ・南米大陸で、戦後のアメリカと同じことをヤってきた。

最近ではロシアが、隣国ウクライナをテロ集団に荒らされ…、あわや次はロシアが標的!という局面になった。

このウラでは、ヌーランドやソロスなど米国帝国主義・戦争屋の手先が資金面・兵器武器の供給面でバックアップしていた。

もしも! ロシアと中国をバランバランな戦乱状態・群雄割拠の状態にしてから、分割統治できれば…、こんなに美味しい商売はない。

中国は、ソロスが天安門事件をデッチあげて中共政権解体工作を行ったが、あわや!という時点で鄧小平など当時の中共指導部が断固たる粉砕措置に出て、国家解体を免れた。 (記事)

ロシアは…、これまたソロスとヌーランドがロシアの隣国・ウクライナ解体に成功して、次はロシア! という時点で軍帥・プーチンが敵の力を逆手に取って、クリミヤ奪還! という逆転の巴投げに成功した。

他国をメチャクチャに破壊して略奪行為を強行する強盗のような侵略国家・アメリカのペンタゴンが、今回…、
「アメリカはロシアを脅威とみなし続けるが、ロシアは米を脅威とみなすに及ばない」
と言い放ったというのは、「説教強盗」のセリフに似ているワケで。

プーチンもロシア人も、
お前にだけは言われたくない!
という氣持ちだろう。

逆に、米国崇拝の日本人は米国のセリフを納得しちゃうんだろな。
飯山 一郎

米戦争屋グループは

脳みそクルクルパーなので

笑ってあげましょう!!!


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか