正月早々

 2016/01/03(日)  正月も 珍獣爺さん ながめられ
客多し 屠蘇で誤魔化す 異論あり
下渡敏治教授
氏名:下渡 敏治 (しもわたり としはる)
日本大学 生物資源学部教授 / 学位:農学博士
東アジア(中国、マレーシア、カンボジア、タイなど)を中心に食料・食品の安定確保の条件とそれを取り巻く自然環境、社会経済条件、人間活動について研究しています。
・国際フードシステム研究室・現在の研究のテーマ
[1]東アジアフードシステム圏の展開に関する研究
[2]日本食品・農水産物の輸出戦略に関する研究

ワシは昨夜、畏友・下渡敏治博士と酒を酌み交わした。
(日本を除く)アジア各国の勃興と、経済の振興、とくに農業の発展について、深い話を聞くことができた。
一点、中国人のカネが他国に「逃げ出している」という話にワシは異論を唱え、「有り余ったカネの投資先を中国資本は求めているからだ」と反論した。納得していただけた。柔軟な頭脳に感服した
『朋(とも)有り遠方より来たる』。 まことに有意義な食事会だった。

年末年始、元旦早々からワシの家は千客万来。天手鼓舞だ。
きょうは、オーストラリアから友人が来る。
これから、志布志市の各所を案内する。
この続きは、帰宅してから書きます。
飯山 一郎

ずーーーーっと
喋ってるじ~さんの話を
聞いてあげたのねっ



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか