【1月1日 AFP】米マイクロブログのツイッター(Twitter)は12月31日、政治家が削除したツイートへのアクセスを再開していくと発表した。「公の議論にいっそうの透明性をもたらす」助けになるだろうとしている。

 ツイッターは2015年、政治家が削除したツイートを世界30か国で収集して公開しているウェブサイト「ポリットウップス(Politwoops)」から削除ツイートへのアクセスを遮断した。当時、ツイッターは政治家にも他のユーザーと同様に、考え直した後にツイートを削除する権利があると主張していたが、「公人に説明責任を果たさせる」という名目で方針転換した。

 ツイッターは今回、「ポリットウップス」を2010年に立ち上げたオープン・ステイト財団(Open State Foundation、本部:オランダ)ならびに米国の政治家を監視している「サンライト財団(Sunlight Foundation)」と合意に達したと発表した。この3者に加え、あらゆる人がオープンで安全なコミュニケーションを取れるようになることを目指している団体「アクセス・ナウ(Access Now)」が数回の協議を行った末に合意に達したという。

 オランダで始まった「ポリットウップス」の活動は世界30か国に広がり、政治家にとってはたびたび困惑の種となっている一方で、ジャーナリストには便利な情報源となっている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3071909