なれぬ者


 2015/12/24(木)2  「プーチンの世界的同志の輪」:広がる一方
インドもロシアの同志に NarendraDamodardasModi

SPUTNIK
モディ首相、プーチン大統領の
自己犠牲の才能を讃える
『スプートニク』 2015年12月24日 http://sptnkne.ws/atAR
インドのモデイ首相はロシア訪問の前日、タスの取材に、「全世界がプーチン大統領を強い、決意ある指導者として知っている」 と述べた。

モディ首相は、「プーチン大統領の目立った特徴は、友人を作ることが出来、友人のために自己犠牲を行なう希少な才能を持っていることである。それが出来る 人は少ない」と。また、「プーチン大統領はあらゆる国のあらゆる指導者と信頼関係を短期間に打ち立てることが出来る」と。

「プーチン大統領は考えていることと言うことが別々という人物ではない。思ったことを言う。それが誰にどう受けるかなど気にしない」とモディ首相。

「プーチン大統領は多年にわたり、国をうまく指導してきた。経済危機にも対処し、ソ連崩壊後、ロシアに力を回復させた。」

「インドは常にロシアを近しい友人と見なしてきた。プーチン大統領はこの関係に新たなエネルギーとダイナミズムを持ち込んだ」と首相。「彼は私にとり、まさにそのような友人だ」とも。

「ロシアとインドを固い友情および戦略パートナーシップが結び付けている」と首相。「ロシアはインドの忠実な友であり、ロシア人はインドと固い友情で結ば れている。それは政治的パートナーシップというよりは、もっと大きなものだ。ロシア人はインドの伝統や文化に深い関心を示しており、それが関係をより強固 な物にしている」と首相。 (記事)
インドのモデイ首相の訪露に関しては別の記事も参考になる。
「首脳会談では、貿易経済、科学技術、人道分野における二国間関係の現状と展望について検討される見込みだ。
また、原子力エネルギー及び石油ガス領域、交通輸送、産業協力、軍事技術協力などの分野での巨大プロジェクト実現に特別の注意が割かれるだろう。
さらに両首脳は、現代世界の鍵を握る国際問題の数々についても話し合うほか、国連やBRICS、G20、上海協力機構といった国際組織の枠内での相互行動についても討議する。
なおプーチン大統領及びモディ首相と両国の実業界代表者達との会合も行われる。
交渉をまとめる形で、一連の二国間文書への調印が予定されている。」

インドのモディ首相が23日から訪露して、プーチン大統領と強固な同志関係を結ぶことが確定した。

これによって、露・中・仏・独・米・印。この6大強国の首脳による“同志関係”の輪が出来たことになる。


問題は、米国の戦争屋と、その手羽先・日本の存在である。
が、この2匹の闘犬は、蚊帳の外に追い出された“ならず者”なので、世界の大勢には関係ない。


ただし日本は、米国戦争屋どものラストリゾート(最後の拠点)になってしまっているので、何もかも全てを絞りとられミイラにされるだろう。この意味でも、日本脱出は必要だろう。


ニッポンは、国際社会から見れば、ならず者 なのだ。


多くの日本人は、魔坂!と思うだろうが、そうなのだ。


子鼠、ケケ中、ガン、野ブ田、ゲリゾ~以降のニッポンは…、
世界の“ならず者国家” になってしまった!

この現実が見えないシトは、最後は、(ホ死)する以外ない罠。
飯山 一郎


植民地日本では
最後の最後まで
奴隷はまともな人間に
なれなかったねっ!


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか