ざ・えこのみすと2016 間違いさがしゲーム

 2015/12/14(月)2  ニッポンの五重塔が ド真ん中にある!
日本!世界の中心
全体
ニッポンの五重塔が 拡大 ド、ド真ん中にある!

下の画像をクリックすると五重塔が中心
『エコノミスト』(2016年)の全体図の中心に日本の五重塔がそびえ立っている!
五重塔の屋根には西欧中世の兵士が仁王立ち! 脇はローマ法王をはじめとする西欧列強勢に固められている。
これは来年、欧米勢力に支配された日本が、世界の(厄介な問題の)中心になる! という強力な予測だ。 (記事)

「日本の常識は世界の非常識」 と言われる。そのとおりだ。

いま、大半の日本人は、世界のことが全く分かってない! これは、「ホ」のせいで日本人の知的能力・認識能力が著しく劣化したこともある。

しかし! 日本人が阿呆になった大きな原因は、政府と原発資本とマスコミが全力をあげて、日本人の意識を強力に操作し、洗脳してきた! これが日本人の世界観が大きくユガんでしまった原因だ。

昨日、ワシは訪中しようとしたが、急遽、取りやめた。
そしたら…、
「あんなに空気が汚くて、性格の悪い国に行かないほうがE~です!」 と言うシトが何人もいた。

PM2.5の問題も、日本の放射能まみれの空気に比べたら、取るに足らない煤煙の問題だ。

日本のマスコミは、PM2.5で中国は大変だ!大変だ!と大騒ぎしているが、アレは日本の致命的な放射性水蒸気の危険性を隠すための目くらまし隠蔽報道だ。

ところが日本人の大半は、日本のマスコミが流すインチキ報道をあっさり信じて、コロリと騙されてしまう。

いまの中国は…、世界一豊かで、日本より遥かに清潔で、綺麗で、親切で、文化的! 訪中すると、牛~帰りたくなくなるほど快適な国家社会なのだ。

中国の豊かさを日本人に知らせないように、「民は知らしむべからず由らしむべし」の統治手法で、日本人は、隣人・隣国を憎悪することだけが得意の劣等民族にされてしまった…。

広くて愉快な国・中国を知らぬまま…、隣国を憎悪することで不安を紛らし、ストレスを一時的に解消しながら、★(ホ死)してゆく日本人。ほんとうに可哀想だ猫~(T_T)

「日本人は本当に可哀想だ…」と、世界は思ってくれている。
「ザマミ~ロ! おごりきったイエローモンキーの末路だ!」 と快哉を叫ぶ外国人も、もちろんゐる。

『エコノミスト誌』は、いったい日本をど~思っているのか?

それは、上の画像を眺めながら、じっくりと占ってください。
飯山 一郎



エコノミスト2


     ↓
エコノミスト   20151211114005499.jpg

さあ、いくつ
見つけられるかな?w

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか