湯気はなくとも陽炎が

 2015/12/13(日)  フクイチの地下に 「巨大なヤカン」
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
地中に出来た巨大なヤカン
上の赤い部分は激しく臨界中のデブリ。水色部分は地下水や海水。
カツオ!湯気が見えるでしょ?
さざえさん
サザエさんがカツオちゃんに沸騰しているヤカンを見せています。
「カツオ。沸騰しているやかんの口をよく見てみて。目に見えるのは湯気(液体の水)で、水蒸気(気体の水)は目に見えないのよ。」
ヤカンのお湯がどんどん蒸発
水蒸気a
目に見える湯気は大した量ではありませんが、じつは、大量の水分が空中に放出されているのです。
激しく沸騰してます!
水蒸気b
お湯はドンドン蒸発してますが、
湯気は見えません。
ドライアイス投入!
湯気
ドライアイスを入れて冷やすと、大量の湯気が発生!
水蒸気は冷えると湯気になり、窓のガラスには水滴。

日本の冬は異常乾燥の季節なのに、全国各地に濃霧や大雨!
 ・ 『
NHKも今朝の東京の濃霧を報道

高山清洲がハッキリと断言している。
猛毒の濃霧が連日、東京都を襲っている!

そして10日、西日本には記録的な大雨が降った!

中国も、「日本の異常気象」を大々的に報道した。
日本各地で12月の降雨量が過去最高を記録し、また、東京は暖湿な気流が流れ込んで夏日のような高温になった」 (記事)
ロシアも、「日本に季節外れの大雨!」 と特報を発信した。

さて、ここで重要な真相を言います。

11月からの日本の異常気象! 連日連夜の湿度100%や、濃霧や大雨。この大量の水分は、いったい何処から来たのか?!

アソコです! 分かりますね?

アソコの地下深くに、 巨大なヤカン が出来たのです。

地層の深い所が、巨大なヤカン になった! ということです。

4月~9月は、大量のモクモク水蒸気(じつは湯気)が見えました。

いまは、4月~9月のような大量のモックモク湯気が見えない。

それは、「沸騰するヤカン」の原理です。

アソコでは見えない水蒸気が、湯気=濃霧となって…、
さらに大雨を降らせる! ということなのです。

福島第一原発:汚染水の放射性物質、濃度4000倍に!
この原因についても、「地下深くに出来た巨大なヤカンの原理
これで説明できるのです…。
飯山 一郎
大雨

SPUTNIK
西日本 季節外れの大雨
『スプートニク』 2015年12月11日 http://sptnkne.ws/apzr



o0480067912528116990.jpg

プーチン、はよー

日本に

謀略にきてーーー!!!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか