財務省の化けの皮 ベリベリッ



性癖

大体において、エリートは変態的な性欲がある。象徴的なのは天才サラリーマンにして稀代のプレーボーイ、島耕作であろう。財務省も超エリートであることはさきに述べたとおりである。

財 務省官僚の変態性欲を如実に示した事件が、有名なノーパンしゃぶしゃぶ接待である。当然ながら旧大蔵省側が接待される立場であり、旧大蔵省の官僚が銀行関 係者に要求していたのである。ノーパンしゃぶしゃぶの専門店の上得意に、旧大蔵省の事務次官(官僚のトップ)経験者が4人も含まれていたというから、旧大 蔵省では変態でないと出世もできなかったに違いない。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9C%81


ヤクザを調査せぬ税務署 「署員を危険な目に遭わせられぬ」

2015.11.29 16:00

「トーゴーサンピン」という言葉がある。すべて(10割)の所得を捕捉されて課税されるサラリーマンに対し、自営業者は5割、農林水産業者は3割、政治家は1割という不公平を揶揄するものだ。では暴力団はどうなのか。ジャーナリストの伊藤博敏氏がリポートする。

 * * *
 ヤクザの頭のなかには、「税金を払う」という概念がない。まして、自分が当局に調べられるとは想定もしていない。

「税務署? 来たことないなぁ。ワシ、申告するような収入ありませんで」(山口組系暴力団幹部)

 税務署の側にも、ヤクザから取ろうという発想はない。

「ヤクザの税務調査をしなくていい、という指示が上からあるわけではない。しかし犯罪収益を調査するようなものだから、我々の手にはあまる。署員を危険な目に合わせることはできない」(国税庁幹部)

 仮にヤクザのところに、税務調査が入ったらどうなるか。

「そら、猛烈なカマシを入れる。『取れるもんなら取ったらんかい!』と。ワシらの商売、なめられたら終わりですわ。調査に入ったら、絶対に後悔させてやります」(前出の幹部)

  暴力団の運営費に課税できないという“建前”はある。税務上、暴力団は任意団体となっており、PTAや町内会、大学のサークルと同じ扱いだ。暴力団にも慶 弔費、事務所費、交通費、交際費、通信費などの経費が発生しており、それは傘下組員からの上納金で賄われている。これは町内会やサークルの「会費」と同じ という理屈である。

 ただし、上納金といっても半端な額ではない。国内最大の山口組の場合、8月末の分裂(後述)前に70数組織があり、 月の上納金額が1組織当たり約100万円だったので、それだけで年間10億円近い。PTAや町内会と同じレベルで考えること自体がおかしい。要は税務署に とってヤクザが怖かったし面倒だったのだ。

※SAPIO2015年12月号

http://www.news-postseven.com/archives/20151129_361567.html

半沢直樹ですっかりバレバレさっ

日本ザコ庶民が生み出したものに
たかってたかって略取して
ダニのように血を吸う寄生虫

暴力団とチンピラと公設暴力団と裁判劇場を使い
強奪した物を
せっせとネトウヨマケインやネタニヤフやソロスなどの
戦争詐欺師にご献上

うかいのう!

ゲイトラップにかかって隠し撮りされ
命令聞くしかしょうがない奴隷が
日本のエリート官僚!

やってることは、大爆発モクモクのフクイチの
イメージアップキャンペーン

食って吸って応援で民族浄化
核最終処分場利権樹立へ向けてGO!

とことん、グローバルマフィアの操り人形


しょせん、ここは植民地
プロなんていなーーーい


本物のエリート集団
プーチンチームが来るまで

みんな!!!

祈って願って呪いたおそう!

空中散布きますように・・・

アーメンオーメン冷やそうめん
なむなむなむなむ

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか