函館の警察官33人を書類送検!


 2015/11/30(月)  きのこ宅を不当にガサ入れした函館警察
函館では警察官が泥棒ヤってる
函館警察
函館の警察官の33人が泥棒だった!

これは本当の話です。
警察官が実際に泥棒をヤっていた! という実話です。

詳しいことは『文殊菩薩』に書きました!  クリックして猪。

2014年10月24日、きのこ女史は函館警察から家宅捜索を受けた。

きのこ女史がツイッターで「殺人予告の教唆をした容疑」で…。

しかし! きのこ女史は、そんな悪質なツイートをは一切してない!

函館警察によるデッチアゲだったのだ。 きのこの弁明』

ガサ入れの日、きのこ女史は任意で明石署に行き、尋問を受けた。

昼休み。きのこ女史に若い刑事がブ厚い資料ファイルを(迂闊にも)見せてしまった…。

そのブ厚いファイルの何と半分以上は「飯山一郎・関連資料」だったそうだ。

これは、いったい、何を意味するのか?

警察(と、そのバックに居る勢力)の狙いは、「飯山一郎」ではなく、「飯山一郎の乳酸菌運動」なんだろうと、きのこ女史とワシは、「邪推」をめぐらした…。

某勢力は「乳酸菌運動」を(警察を使ってでも)弾圧したいのだと。

この話は1年以上寝かしたあと、こうして発表しているワケだが、あの時の「邪推」は当っていると思う。

警察(と、そのバックに居る勢力)の皆さん、矢でも鉄砲でも持って、どこからでもいらっしゃい。飯山一郎、受けて立ちます。

だけど、チョロい泥棒行為だけは止めて夜寝!>函館警察(爆)

飯山 一郎



どこからの誰からの命令でやったのか
まあ、あれなんだが・・・。

「お前は被疑者なんだ!!!」
by 函館警察

えっとぉ~
「虚偽有印公文書作成・同行使」って
大変な重罪らしいのですがぁ

33人全員に
強制家宅捜索とPC押収やった?(笑)
寝起きの写真撮った?(爆w)

あのね

その警官33人の実名上げて
犯罪者として
あることないことデタラメ並べ
「ぶちこまれろ!」とか
誰かネットに大量に書いた?

「言論の自由」なんでしょ、それ?
「公益の福祉」なんでしょ?

だったら、やっていいよね?
名前、公表すれば?

ぎのごちゃんがされた事と
同じことを当然、されないとね?

不平等はんたーーーい!

あのね

と、まだ係争中なので
詳しい事は
ひみちゅほごほう(爆w)

一つ言えるのは
プーチンもアマゾンもぎのごちゃんも
底引き網漁法が大好きw


道警、交通違反で虚偽報告書 函館方面本部の約10人処分へ

北海道新聞 11月20日(金)10時36分配信

 道警函館方面本部の交通部門の警察官約10人が、数年間にわたり、交通違反の現場に立ち会っていない警察官を立ち会ったかのように装い、虚偽の捜査報告 書を作成していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。道警は当時の内規で、報告書の客観性を高めるため、違反の取り締まり担当者とは別の警察官 が現場に立ち会うよう求めていた。道警は近く、上司らを含む関係者を処分する方針。

 同様の捜査報告書の不正をめぐっては、今年10月末、兵庫県警で高速隊などの警察官ら約70人が虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで書類送検されている。

 不正があったのは、速度違反などの取り締まりでドライバーが違反を認めない際に、検察庁に送付する捜査報告書。道警は当時、交通違反を取り締まった担当 者以外の警察官が実況見分の現場に立ち会い、当時の違反状況や現場の見取り図などを報告書に記入した上で、署名や押印をするよう内規で求めていた。

 捜査関係者によると、約10人は2014年秋ごろまでの数年間にわたり、取り締まった担当者自らが作成した報告書に、実際には現場に立ち会っていない別 の同僚警察官に署名してもらうなどの手口で、虚偽の報告書を作成したり、立ち会っていない捜査の報告書に名前を貸したりしていたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151120-00010001-doshin-soci


道警の33人書類送検 虚偽調書作成疑い

記者会見で謝罪する北海道警の白井弘光監察官室長=27日午後、道警本部

 交通違反の実況見分の現場にいなかった警察官を立ち会ったと装い、虚偽の調書を作成していたとして、道警は27日、 虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、函館方面本部などの警部補や巡査部長、巡査長、巡査の警察官33人を書類送検した。同日付で上司の警部を含めた34 人の処分も行った。道警の白井弘光監察官室長は道警本部で記者会見し、「道民の信頼を損ねたことを大変重く受け止めている。本当に申し訳ございません」と 謝罪した。

 33人の送検容疑は2012年9月から今年1月にかけて、交通違反の現場で行う実況見分の調書に、実際には立ち会っていない同僚に署名や押印してもらうなどして虚偽の調書を作成し、上司に提出した疑い。

 道警監察官室によると、虚偽調書は27件確認。このうち6件は、現場の見取り図の作成で必要な計測などを行わず、警察官が記憶や過去の記録を頼り に書き込んでいた。道警は当時、内部の規定で、運転手が交通違反を否認した場合、取り締まった担当者とは別の警察官が立ち会い、違反状況などの実況見分調 書を作るよう求めていた。

 警部を含めた34人は当時、函館方面本部函館機動警察隊や道警交通機動隊に所属。昨年10月、内部告発により同本部での不正が発覚し、全道的に調 査したところ、交通機動隊の不正も見つかった。書類送検された警察官たちは「同僚の勤務時間を削るのが申し訳なかった」などと話しているという。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0206873.html


交通違反切符をねつ造容疑 森署巡査長逮捕、40回以上

 交通違反の点数切符を捏造(ねつぞう)したとして、道警は27日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、森署地域課 巡査長の斉藤正樹容疑者(28)=渡島管内森町上台町=を逮捕した。道警監察官室などによると、同容疑者は少なくとも40回以上にわたり、実際には違反し ていない人がシートベルト装着義務違反などをしたかのように偽り、点数切符の捏造を繰り返していたという。

 逮捕容疑は7月中旬から9月下旬にかけて、森町の女性(47)が、シートベルト装着義務違反をしたとする虚偽の点数切符を作成し、上司に提出した 疑い。斉藤容疑者は「(森署管内では)ほとんど事件事故の取り扱いがなく、交通違反の摘発をしなければ、格好がつかないと思った」と供述しているという。

 監察官室によると、女性は、この虚偽のシートベルト装着義務違反により累積点数がかさみ、10月に違反者講習の通知を受けた。通知の中に記載されていた違反内容を見て、女性が「身に覚えがない」と道警に訴え、不正が発覚した。

 斉藤容疑者は、過去の違反記録の中から森署管内の住民を選び、住所が変わっていないことを確認した上で、虚偽の点数切符を作成。自らの字体を変え、住民になりすまして署名し、指印を押していた。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0206842.html


森署幹部「内密にして」 交通切符捏造、違反者扱いの女性証言

北海道新聞 11月28日(土)18時13分配信

「なぜ私の名前が」憤る女性

 交通違反の点数切符を捏造していたとして森署の巡査長が逮捕された事件で、違反をでっち上げられた渡島管内森町のパート従業員女性(47)は「なぜ私の 名前が狙われたのか分からない」と憤った。捏造で加算された交通違反の点数2点は取り消されるものの、女性は「悪い人を捕まえる警察官がこんなことをして いたなんて」と不信感を募らせている。

 女性は11月中旬、北海道新聞の取材に答えた。

 「違反者講習をこの通知から1カ月以内に受講してください。理由なく受講しない場合、免停になります」。10月21日、女性宅に突然、函館運転免許試験場から「違反者講習通知書」が書留で届いた。

 「最近は違反した覚えがないのに」。通知書には9月27日にシートベルト装着義務違反をし、累積点数が6点に達したと書いてあった。慌てて免許試験場に電話すると、担当者から「ほかにも7月14日にシートベルト装着義務違反をしている」と告げられた。

 女性によると、違反をしたとされる7月14日午前10時55分は水産加工場でパート勤務をしており、職場のタイムカードで裏付けられたという。9月27日午後2時半ごろも、長女と一緒に自宅にいた時間だった。

「おかしい」「一体誰が書いたのか」

 「おかしい」と思った女性は違反者講習の通知が届いた翌日の10月22日、森署で担当の捜査員に事情を説明。捜査員からは「違反した証拠」として、取り締まり時に自分が署名したとされる違反通知書を見せられた。

 だが、筆跡は自分の字と全く違う。見慣れない字で、自分の名前や住所、車のナンバーが記載されていた。「一体誰が書いたのか」

 その後、勤務中だったことを示すタイムカードや自分の筆跡など女性が示した証拠を元に、同署は調査に着手。違反通知書に押された指印と照合するため、両手のすべての指紋も採られた。「あなたは違反をしていなかった」。そう告げられたのは、およそ10日後だった。

 巡査長が27日に逮捕されるまでの約1カ月間、捜査の途中経過については何ら説明されず、同日午後、森署から逮捕を知らされた。「ようやく嫌なことが終わった。これで少しは安心できる」とほっとした。

 女性によると、森署が捏造を認めた際、幹部から「この件が外に漏れたら大変だ。内密にして胸の内にとどめてほしい」と口止めされたという。

 「他の人は同じ被害に遭っていないのだろうか。説明してほしい」。女性には多くの疑問や疑念が今も残ったままだ。

北海道新聞社

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00010003-doshin-hok




2016年02月09日(火) 週刊現代
小保方晴子の反論「ハシゴを外した人たちへ」
ここまで率直に書いて大丈夫か!?
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47739


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか