原発村は社会正義!




福島事故の健康不安対策 原発関連財団請け負い

写真

 東京電力福島第一原発事故による住民の健康不安に対応し、悩みの軽減や解消を目指す環境省の「リスクコミュニケーション(リスコミ)」関連三事業 を、電力会社や原発事業者幹部らが役員を務める公益財団法人「原子力安全研究協会」が二〇一四年度に、総額四億一千三百万円で請け負っていたことが分かっ た。同協会は本年度も同種事業を継続。原発を推進する側が幹部を務める法人が税金を使って、原発を不安視する住民の相談事業を担う状況が続いている。  (篠ケ瀬祐司)

 本紙は昨年四月、三事業のうち、住民に被ばく対策を説明する「相談員」の支援事業を環境省が同協会に七千四百万円で発注したことを報じた。今回、 国の事業の無駄や執行状況を政府自身が点検する「行政事業レビュー」の資料で、より多くの事業を協会に発注していたことが判明した。

 環境省を含む十一省庁・委員会が一四年度、避難住民の早期帰還に向けて放射線による健康不安に対応することを主な目的に、リスコミ事業を本格化させた。このうち環境省の三事業は入札で事業者を募集し、協会が落札した。

 協会が請け負った事業は、相談員の支援のほか、住民の放射線による健康不安に対応する資料の改訂や、住民向け集会の運営など。環境省は、一五年度も同協会が同種の事業を落札したと認めているが、金額など詳細を公表していない。

 協会は、原子力の安全性を中心に研究する組織。理事に関西電力や日本原子力発電の現役幹部が就いている。事業が原発推進側の論理に立った内容にな る可能性について、環境省は「契約内容に沿って事業を遂行してもらっている」(放射線健康管理担当参事官室)と否定。協会の担当者は「環境省に聞いてほし い」と述べるにとどめた。

 福島原発事故に伴う損害賠償を求める団体などでつくる「原発事故被害者団体連絡会」共同代表の武藤類子さん(62)は「放射線の健康被害は、大丈 夫と言う人もいれば、危ないと言う人もいる。双方の意見を聞いて判断したい。原発推進側に近いとみられる組織がリスコミを担うのは住民として不安だ」と話 す。

 福島県で講演した経験のある京都大原子炉実験所の今中哲二助教は「年間二〇ミリシーベルトという避難基準以下でも、被ばくによる健康影響の危険性 があると住民に話したら、行政側からリスコミの邪魔になると言われたことがある。多様な意見を出し合いながら一定の方向性を出す体制で進めるべきではない か」と指摘した。

 リスコミ事業をめぐっては、文部科学省は、被災地住民の問い合わせや相談に対応する事業を、原子力行政を担ってきた旧科学技術庁出身者が役員を務 める国立研究開発法人「日本原子力研究開発機構」と同法人「放射線医学総合研究所」に発注している。文科省は両法人に発注した事業の額を明らかにしていな い。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2015112502100004.html


この一連の
血税でやっている
天下り組織の広告業全般を

日本の司法では

公益の福祉に即した言論活動

という



よって、これを邪魔すると
竹野内さんやぎのごちゃんのように
大量にネットに誹謗中傷が

どーーーどうと流される。

だってそれらは、
公益の福祉であり、利益であり
憲法の保障する
言論の自由だからwww

つまり原発村を批判する行為は
憲法の保障する言論活動ではなく
「社会悪」「凶悪犯罪」であって

犯罪の証拠隠滅と逃亡を阻止するため
組織的に用意周到に言論活動の妨害や
その凶悪犯罪者の家に押し入り
PC押収するのは

社会正義!!!


日本は放射能で
のーみそがくるくるぱーに
なっているようですぅ。

あの日から。

そう、広島長崎原発のころからw



でも、本物のヒーロー

プーチンとスレイマニと
世界中のパイナップルアーミーが
本物のダークサイドを
蜂の巣にする日

間もなくかもしれない!!!

お楽しみに!!!


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか