プーチンの謀略合戦きます!

2015/11/25(水)4  プーチンとエルドアンは仲良しこよし!
プーチンとエルドアンは…
緊密な会談を重ねてきた

以下はその記録写真である
9月23日 モスクワで会談
PutinErdgan2

9月23日、モスクワのモスク(イスラム礼拝所)落成式で、言葉を交わすロシアのプーチン大統領(中央)とトルコのエルドアン大統領(左)。
右はパレスチナ自治政府のアッバス議長。 
(記事)
このようにプーチン大統領とエルドアン大統領は和気藹々の関係だ。


10月21日 電話会談
PutinErdgan3
10月21日、エルドアン・プーチンの電話会談。シリア問題について協議。

エルドアン大統領は10月21日、ロシアのプーチン大統領と電話会談を行い、昨日のシリアのアサド大統領によるモスクワ訪問についての情報を入手した。
プーチン大統領からの要請により実現した電話会談で、エルドアン大統領は、シリアでの最新情勢への懸念の意を示すとともに、アレッポ及び周辺地域を標的にした攻撃が新たな移民の波を引き起こしたことへの遺憾の意を表明した。
両首脳は、来月アンタルヤで開催される20カ国・地域(G-20)サミットで集まった際に、全議題を綿密に協議することで合意した。
この前日(20日)アサド大統領は、シリアで内戦が勃発した2011年以降初めて国外に出て、モスクワでプーチン大統領と会談した。 
(記事)


11月15日 アンタルヤで会談
PutinErdgan4

11月15日。エルドアン大統領と、G20(20カ国・地域)サミットのためアンタルヤを訪れたプーチン大統領が会談を行った。
会談はG20サミットの会場となっているレグヌム・カルヤ・ホテルでマスコミ非公開で約1時間行われた。
両首脳は会談で、トルコ・ロシア・ハイレベル協力会合を12月15日にロシアで開催することで合意した。 
(記事)


注目すべきは、トルコとロシアの経済・貿易関係の大きさである。

9月23日。プーチン大統領は、モスクワを訪問したトルコのエルドアン大統領と会談して、経済協力の問題について話し合った。

今後7年間に、ロシアとトルコの貿易量は、昨年の310億ドルを大幅に増加して、1000億ドルの大台に達する可能性があるという。

トルコとの貿易および経済パートナーとして、ロシアは欧州連合に継ぐ第二位の地位にある。

プーチン大統領は、ロシアとトルコとの経済協力の拡大を高く評価すると語っている。 (記事)

トルコとロシアの経済と貿易の関係は、切っても切れない! と。

したがって、ロシアとトルコの戦争は、ない!

戦争を起こしたがる勢力がある! ということだ。

エルドアン大統領とプーチン大統領は、9月、10月、11月と緊密な会談を重ねてきた仲だ。

11月16日の会談では、シリア問題について政治的解決を急ぐことで一致したばかりだった。

また、ロシアからトルコ経由で欧州に天然ガスを送るパイプライン構想についても協議し、12月のエルドアン氏の訪露も決めていた

しかし! トルコは、ロシア軍機を撃墜してしまい、パラシュート脱出したパイロットを射殺し、ロシアの救助ヘリの乗員も射殺した。

この犯人は、トルコ政府ではなく、トルコ軍に巣食うCIAかモサドの謀略要員だ。この者たちとの戦争! それが近々開始されるプーチンの戦争だ。

それは国家と国家が戦う戦争ではない。

プーチンが得意中の得意とする陰湿な謀略戦だ。

飯山 一郎


現場から中継です!


永田町にも
陰湿な謀略が
やってくるのでしょうか?!

ムンクの叫び
永田町で渦巻いています!!!


ぎゃーぎゃーぎゃぁーーー







コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか