プーチン激オコ!トルコの戦争屋 真っ青!


 2015/11/25(水)  プーチンはトルコとイスラエルを空爆するか?
戦争史上 最強!
グォ~~ッ
ISinfraDamage
プーチンの戦争はまさしく最強にして完璧な戦争であった。
・ 
終わりは間近:ISにはもう基地が34か所しかない
・ 
ロシア航空宇宙隊、2日間でテロリスト拠点472箇所を空爆
・ 
シリアのIS戦闘員 ロシア軍機の攻撃の正確さに震撼
・ 
ロシア軍 ISの原油輸送車500台を破壊
・ 
ISの石油輸送車は「全て空爆」、露国防省
・ 
ロシア国防省:ロシア軍はISの石油インフラに大損害を与えた
以上、ざっと挙げただけでも、プーチンの戦争が戦争史上 最強!かつ完璧! であることが分かる。

しかも、アメリカとイスラエルには手も足も出させない!
かくして、いま、プーチンは世界最強の指導者になった…。
プーチンの戦略に賛成  どころか賞賛の声も。

・ 国連事務総長「ロシアはテロ対策で主導的役割を演じている」
・ 
アサド大統領:ロシアは2か月で米国が1年で成し遂げたことより多くのことを成し遂げた
・ 
トランプ氏:ロシアがISを徹底的に空爆しているのが気に入っている
.
オーチンハラショ~! 素晴らしい結果もプーチンは出した。
・ 
ロシア外務省:ロシア軍の作戦開始後、100万人以上のシリア人が祖国へ戻った

プーチンは、『宣撫(せんぶ)活動』にも大成功のようだ。
・ 米国人専門家:プーチン大統領はPR戦争にも勝利しつつある

総括すると、プーチンの今回の戦争は…、
アメリカとイスラエルの戦争屋がイラク・リビアの次にシリアを破壊し尽くしてツブし…、中東一体を植民地にして収奪しまくる! という野望を完全にツブした! ということだ。

そうして、その結果…、
イスラエルを除く中東全域が、プーチンの勢力圏に相成った! と。
残る大問題は…、
戦争屋と略奪屋が支配するイスラエルを、プーチンが如何様に「始末=処理」するか? だ。

いずれにしても、プーチンの今回の戦争・戦略・戦術の全ては、世界の戦争の歴史に名を残すことになるだろう。
バキュ~ン
SU24 
「ロシアの軍用機がシリア上空で大破地上から攻撃の疑い」 とロシア国防省。
ロシアの軍用機(Su24)が、シリア上空で撃墜された。 (記事)

犯人は、米国、イスラエル、トルコ、イスラム国のどれかだ。

トルコ領内から対空ミサイルを撃った可能性が高い。

しかし、ロシアの対応は非常に冷静である。 
(記事)

何故にロシアは、かくも冷静なのか?


このことは 
『文殊菩薩』にも書いたが…、
今回の事故はロシアにとって、大きなチャンスになるからだ。


「大きなチャンス」 とは、『倍返しの報復攻撃』 を強行しても、強硬に反対する者が“プーチン一人勝ち”の今の情勢下では皆無だからだ。


今回のロシア軍用機を撃墜した犯人を、プーチンは、すでに把握していて、『倍返しの報復攻撃』 の作戦内容を検討しているはずだ。


中東においてロシアに何が起こっても…、プーチンは、そのピンチをチャンスに変える! これが可能なのだ。


いや、どんなピンチもチャンスになってしまう! それほど今のプーチンはチャンスに恵まれている。絶好状況なのだ。


萬事如意』 これは、「すべて意のまま」 ということだ。


世界は、いま、ロシアと中国にとっては、「万事如意」 の状態になっている。このことを、善悪や好き嫌いを抜きにして認識しないと、世界の実相が丸で見えなくなる。お気をつけられよ。

願わくは、プーチン閣下!
最悪状態にある日本国を、閣下の “意のまま” に 「調理」 して頂きたく、伏してお願いを申し上げます。


新しい情報が入った!

プーチン大統領が、「犯人はトルコだ!」 と断言した。

「ロシア機スホイ23はトルコ機の空対空ミサイルによってシリア上空で撃墜された!」 と断言している。 (記事)

また、ロシアのラヴロフ外相は、ロシア機スホイ24をめぐる事件の後、トルコ訪問を中止すると(凄まじい形相で)発表した。 (記事)

トルコはロシア機撃墜の責任を認めたが、トルコは、ロシア機がトルコ領空を侵犯したため、F-16により撃墜したと主張している。

トルコの主張は、「宣戦布告」 に近い。 (記事)

しかし、これはトルコのエルドアン大統領の意志ではない。トルコに巣食っているCIAやモサドによる謀略の可能性も高い。

プーチン、どうする?

いずれにしても…、プーチンは次の戦争を始めるだろう。

トルコのバックには米国戦争屋とモサドの謀略要員がいる。

しかし、軍事力、軍事技術、軍事兵器の能力…、どれをとってもロシアが圧倒している。

我々にとっての注目点は、トルコ領内にあるイスラム国(ISIS)の大量の原油備蓄基地だ。

これをプーチンが空爆すれば、原油価格が暴騰する。

もう一つの留意点は…、トルコ支援にイスラエルが少しでも動けば、プーチンはイスラエルを殺る! この可能性は低くはない。

さぁ、中東情勢から一瞬たりとも目を離せない状況になった!

日本のマスコミは、一切全く当てにならない。信用出来ない。

飯山一郎、真実情報と、適格な解説を書きまくります!
飯山 一郎




2015/11/25(水)3  露土戦争を仕掛けている勢力がいる?
ここまでヤルか?
Mi8が地上から射撃される 
『スプートニク』 2015年11月25日 03:23 http://sptnkne.ws/agSx
シリアで撃墜されたロシア機Su24の救助作業を行なっていたロシア航空宇宙軍のヘリコプターMi8が地上から射撃され、損傷を受けた。
これによりロシア海兵隊員1名が死亡した。

ロシア参謀本部が明らかにした。 
(記事)

トルコは、ヤリすぎている。無謀すぎる。

・ 明確な領空侵犯の証拠がないのに、ロシア軍機を撃墜し…
・ パラシュート脱出したロシア軍機のパイロットを射撃して銃殺!
・ そのパイロットの救助作業をしていた露軍のヘリを射撃し…
・ この射撃によって、ロシアの海兵隊員1名が死亡してしまう…

ここまでヤッてしまうのは…、
プーチンの 『倍返しの報復攻撃』 を誘うためなのか?!

ロシアとトルコが戦争する事態を仕掛けている勢力がいるのか?

いずれにせよトルコのエルドアン大統領は、この事態を招いた犯人ではない。トルコに巣食っているCIAやモサドによる謀略だろう。

この謀略をプーチンは、一体どう見ているのか?

来客なので、続きは次稿でシッカリ解明・解説したい。
飯山 一郎



NATOのストルテンベルグ事務総長

「ロシア機がトルコの領空侵犯とみなす」

続きを読む http://jp.sputniknews.com/politics/20151125/1219407.html




「トルコがロシア機をめぐる事件について

NATOのパートナーに訴えたことについて、

NATOをISのために

役立たせようとしているかのようだ」


「ロシア機

スホイ24に対する攻撃のような

犯罪が実行されることを、

ロシアはこれ以上許さない」


続きを読む http://jp.sputniknews.com/russia/20151124/1216646.html


トルコと言えば
日本のODA
大量に運ばれていますね?

原発マネーも

もしそのマネーが
テロ資金にまわっていたら?
てゆーか、マネロンだったら?

日本もロックオンへ向けて
着々と、自滅への階段を
登っているのでありました。

ぎゃぁーーーーーーーーー


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか