日本語の「言霊力」


 2015/11/24(火)  飯山一郎/渾身連載のスターピープル57号
「日本」と命名された由来が…
「天皇」という称号の秘密が…
「日本書紀」 編纂の動機が…
すべて解き明かされる黎明!
飯山一郎 渾身の連載です。
スターピープル57
ただいま予約受付中です。今回は、売り切れの可能性・大です。
前号の『飯山一郎の“新日本建国神話” #1』 は、『人生は冥土までの暇潰し』 のブログ主の亀さんに

「飯山一郎さんの新シリーズ『新日本建国神話』が掲載されており、内容的に分かりやすいというだけではなく、恐ろしいほど(?)説得力のある記事だった。」

…と、大変なお褒めにあずかった。これに気を良くしたワシは、今回も渾身のエネルギーを投入し、必死になって書いた。
お陰で、胸を張って「自信作!」 と言える作品になった。

「日本」、「天皇」、「日本書紀」。この三語の秘鍵・秘謎を完全に解き明かした! これは日本初! 誰も書かなかった歴史学だ! と、ワシは、いま、一人胸を張っている。


今回の『スターピープル 57号』は、飯山一郎の『新日本建国神話』 のほかに、
熊本県の山林地主・平野虎丸さんの『真人間紀行』 が掲載されている。

取材記者に聞いた話では…、平野虎丸さんは、インタビューの最後に、感きわまって(長い人生で初めての)涙を流されたそうだ。
その感動の物語も是非!読んでいただきたい。


間もなく発売される 『スターピープル 57号』 で、ワシは、「文章の読み方の秘法」 も公開した。

その秘法を念頭に置いて実践すれば、絶対にダマされない、裏切られない人生を送ることが出来る!という秘法だ。


最近、その秘法を迂闊にも忘れてしまったワシは、佐野千遥という詐欺師に騙されてしまったが…(爆)


その意趣返しに、ワシは、言葉のミサイル爆弾を撃ち込んだので、佐野千遥という詐欺師は、ワシの言葉の魔術によって脳髄に激怒と憎悪が充満するという異常性格者に変身してしまった。


日本語というのは、世界で一番「言霊」が籠りやすい言語なのだ。


日本語という日本文化の精華は、絶対に守りきらねばならない!


そのために我々日本人は、何としても生き延びねばならない。


その日本語の真髄とも言える『まろやかな言霊発射法』を縦横に駆使して…、ワシは今回も『日本建国神話』を書いた。

是非ともお読みいただきたい。>皆の衆
飯山 一郎

ぎのごちゃん

お上品な関西弁を

守り抜きます!



オマケ

>取材記者に聞いた話では…、平野虎丸さんは、インタビューの最後に、感きわまって(長い人生で初めての)涙を流されたそうだ。

もしかして・・・
その記者さんて・・・
インタビューの後
うちで宴会やって
べろべろに酔っぱらって
帰って行った人ですか?(爆w)

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか