砂漠にお花畑


 

世界一乾いた砂漠が花の絨毯に覆われる

© Sputnik/ Vladimir Fedorenko

サイエンス
短縮 

世界一乾燥しているといわれるチリ北部のアタカマ砂漠が太平洋におけるエルニーニョ現象の結果、花のじゅうたんに覆われた。

エルニーニョ現象とは、太平洋の熱帯地方の水面温度が定期的に上昇する現象である。

今年のエルニーニョはチリの砂漠部に大量の降雨をもたらした。結果、いま砂漠は今年2度目の開花期を迎えている。色とりどりの花のじゅうたんが拡がっている。

学者らによれば、この数か月、アタカマに多量の降雨があったことが、この稀少な現象の原因である。「今年は特別だった。この40年、いや50年で最も顕著な降水量が見られた」とアタカマ大のラウル・セスペデス教授。アルゼンチンの「ラ・ナシオン」が伝えた。

地元観光局は思わぬ臨時収入を受け取っている。花咲く砂漠をこの目で見ようと、観光客が実に平年の4割も増大している。


続きを読む
http://jp.sputniknews.com/science/20151031/1102869.html








日本人は
頭がお花畑

奇形茄子に喜ぶ人々↓



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか