スパイ大作戦!



818:飯山一郎 :2015/10/31 (Sat) 00:07:37 host:*.ocn.ne.jp

>>816
ロシア軍がイスラム国を攻撃しているの、いないのという問題ではない。

さて…、
これまで様々な反アサド勢力が、シリアの街々で残酷きわまる破壊と略奪を行ってきた。

シリアの美しい街々が徹底的に破壊され、数百万人の悲惨な難民が発生してしまった。

その残虐な破壊勢力をザッと挙げれば…、
アルカイダ系武装集団・AQI、イスラム国(ISIS)、反シリア政府軍、サラフ主義者、ムスリム同胞団、
DIA(アメリカ軍の情報機関)、CIA、アル・ヌスラ、モサド、その他の反アサド勢力…と、キリがない
し、空爆攻撃をしようにも「目印」などは全く無い。

それでは、ロシア軍は、いったい何を目印にして、あるいは何を基準にして、あのような激烈にして
正確で精緻な空爆を行っているのか?

まず、ロシア軍の攻撃目標は、これまでシリアの街々を無残に破壊してきた勢力や部隊やゲリラで
ある。この正確な情報は、シリア政府軍とシリア政府の諜報機関がイランのスレイマニ将軍と協力
して蓄積されてきて膨大なデータベースになっている。

さらに…、
刻々変転する戦場や破壊工作の現場には、シリアの諜報要員と、スレイマニ将軍の配下がスパイと
して入り込んでいて、正確な攻撃目標の情報と位置情報がロシア軍の現地作戦本部に上がってくる。

また…、ロシア軍の偵察衛星が暗視カメラで、シリアの街々の破壊をたくらむ破壊部隊と兵士の動き
を、夜は暗視カメラを動員して精密に追跡して、情報を蓄積している。

以上のような、情報や目印やサインをもとにして、ロシア軍は正確無比な空爆を行っている。

シリアの戦場では、佐野千遥氏が言うところの「社会正義」とか「正義の味方・イスラム国」などと
いう“基準”は、机上の空論でしかない。佐野千遥氏は、まったく何も分かっちゃいない。(爆)

プーチンのロシア軍は、将来、ロシアとロシアの同盟国を破壊するかも知れない全ての破壊工作要員
を、全て殲滅しようとしているのだ。

佐野千遥氏の認識と議論は幼稚でならない。話にもならないから、議論にもならない。(大爆)

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15536687


現実の戦闘は
ネットの遊びじゃないんだから

そりゃもう、
プロ中のプロのスパイ
あれもこれもそれも
掌握しているだろう。

日本もとっくに、マルハゲドン

はっきり書いてくれてるじゃんー。

ヒラリーでさえ、メールマルハゲドンよ。

マイナンバーがなんぼのもんよ?てなくらい
ロシアと中国は、あらゆる情報を精査しているだろう。

銀座のねーちゃんに、
自慢げに何でも喋ってんじゃねーよ、ばーーーかっ!

って、笑われてるかもー。

ハザールユダヤポチのおっさんたち。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか