タンカーの事故?本当は、何を積んでたの?



日本で2隻のタンカーが衝突、負傷者なし、油が流出

2015年10月17日 17:32短縮 URL
027712

山口県の六連(むつれ)島沖合で2隻のタンカーが衝突した。海上保安庁の発表。

日本の石油タンカー和光丸(排水量2018トン)とパナマのタンカー「サルファー・ガーランド」(同3498トン)が衝突した。

日本のタンカーから油が流出した。当局は既に海域を封鎖した。流出の規模は現時点で不明。

負傷者は出ていない模様。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/incidents/20151017/1044751.html


タンカー同士が衝突=海上に油流出―山口・下関沖

時事通信 10月17日(土)11時3分配信

 17日午前3時半ごろ、山口県下関市の六連島沖合で、パナマ船籍のタンカー「サルファー ガーランド」(総トン数3498トン)と日本のタンカー「第2和光丸」(同2018トン)が衝突した。
 けが人はなかったが、海上に油が流出した。
 門司海上保安部(北九州市)は事故の詳しい状況を調べるとともに、油の回収作業を進めている。運輸安全委員会も船舶事故調査官2人を派遣した。
 門司海保などによると、パナマ船は17人乗りで、溶けた硫黄約4400トンを積載。日本船には10人が乗っていたが、積み荷はなかった。パナマ船の船首と日本船の右側面が損傷しており、日本船から油が流出したという。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00000040-jij-soci


下関沖:タンカー同士が衝突 油1万3000リットル流出

毎日新聞 2015年10月17日 11時26分(最終更新 10月17日 18時05分)

 17日午前3時半ごろ、山口県下関市の六連(むつれ)島東沖合の響灘で、広島県呉市のタンカー「第2和光丸」(2018トン)とパナマ船籍のタンカー「サルファー・ガーランド」(3498トン)が衝突した。門司海上保安部によると、けが人はなかったが、和光丸から油約1万3000リットルが流出した。

 和光丸の右舷中央付近と、サ号の船首部分が衝突した。関門海峡海上交通センター(北九州市門司区)が事故の直前に2隻の接近に気付き、無線で注意喚起したが、間に合わなかったとみられる。門司海保は現場で流出した油の処理作業を急ぐとともに、事故の状況や原因などを調べている。国の運輸安全委員会も同日、船舶事故調査官を現地に派遣した。

 下関地方気象台によると、事故当時の下関沖合の天候は晴れで、風は10メートル程度、波の高さは1〜1.5メートルで穏やかだった。

 門司海保によると、和光丸は新潟から日本海を大分へ向かって航行中で、積み荷はなかった。サ号は硫黄を積み、岡山から瀬戸内海を経由し中国に向かう途中で、関門海峡を抜けたところだった。【仲田力行、尾垣和幸】

http://mainichi.jp/select/news/20151017k0000e040246000c.html


パナマ船が
岡山から
硫黄を積んで
中国へ?

国土交通省の運輸安全委員会?


いおう?

いおうって

小保方を「犯人はお前だ!」と侮辱RT
ドヤ顔で「硫黄は無臭」と言って
だからどうしたと笑われた東大教授

あの硫黄のことですか?!w

しかし凄いわ
日本の人権侵害大放置プレー



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか