EU左翼のキチガイぶり


 

デンマークの動物園、子どもたちのためにライオンを公開解剖 (写真)

© AP Photo/ Ole Frederiksen
社会
短縮 URL
12411215

オーデンセ市の動物園で、子どもたちの見ている前で、ライオンの解剖が行なわれた。園内で個体数が増えすぎたため、9ヶ月前に殺処分されたもの。デイリーメールが伝えた。

専門家の解説とともに解体ショーは行なわれた。写真や動画によると、子どもたちはショックを覚え、顔を覆い、目を背けようとした模様。

9ヶ月間冷凍されていた猛獣の内臓を白日のもとにさらす行為に異論はあろうが、目的は何しろ教育と啓蒙にあるということだ。一種の解剖学教室である。

動物愛護団体や居合わせた人から批判の声が上がった。

デンマークの動物園、子どもたちのためにライオンを公開解剖
デンマークの動物園、子どもたちのためにライオンを公開解剖

動物園は既に3頭のライオンを殺害している。新しい家を見つけられなかったためという。

昨年コペンハーゲンの動物園は論争の的になった。子どもを含むオーディエンスの前でキリンのマリウスを殺害し、胴体を切り分けてライオンに食べさせたのだ。学術目的の行為だと動物園は主張したが、社会はボイコットで動物園に答えた。

オーデンセの動物園は1930年のオープン。毎年50万人が来園する、フュン島観光の中心地。2013年には年間来園者数50万人超級で欧州最良の動物園に認定された。


そもそも
EUのオカルトは
筋金入りの気持ち悪さなのだ

ハーメルンの笛吹男しかり
おとぎ話はホラー

善人 人権派 を気取って
やることなす事ホラー


人間のエゴで動物を僻地から連れてきておいて
増えたら殺して無意味な解体ショー。

それを子供に見せて何が教育?

これがEUの似非サヨクの本性。

「EU右翼派閥がウクライナで大量殺戮をやっておいて
左翼派閥は
ロシアがやった!ウクライナ人の人権を守れ!などと
ほざきやがっています。

マッチポンプですよーーー」



事実を教えるのが教育だと
思いませんか、みなさん?

中世ヨーロッパはハザールユダヤにしてやられ
オカルトまみれのうんこまみれの
伝染病まみれの人肉食まみれでした、って。







天然資源省はロシア生まれの動物が外国の動物園で公開解剖されることを許さない
© Flickr/ Bas Leenders
社会
2015年10月17日 21:41

ロ シア天然資源・環境省のセルゲイ・ドンスコイ大臣はイズヴェスチヤ紙の取材に応じ、同省はロシアで生まれ、外国の動物園に贈られた動物が、そこで公開解剖 されることは許さない、と述べた。もし解剖が断行されれば、動物園間の動物交換協定はロシア側主導で見直されることになるという。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/life/20151017/1045719.html#ixzz3osxfkudi

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか