ドンデモない電波芸人の次は・・・


 2015/10/17(土)  何が真実か? すべては藪の中… (2)
トンデモ聖職者:バグダディ
01Baghdadi


02Baghdadi

「本当にコイツはイスラムの聖職者なのか? 腕に6500ドルの高級時計をしているが??」

バグダディの姿がテレビ映像で公開されて早々、海外のメディアでは「6500ドルの高級時計」に疑惑がかけられた。

この6500ドルの高級時計は、合成写真ではありえない。
誤魔化しようがない。

実際、国際テロ組織であるアルカイダの最高指導者ザワヒリは本年9月、「イスラム国」の指導者バグダディを「偽物のカリフ」である、と確言した。

たしかに、バグダディは聖職者でもカリフ(マホメットの後継者)でもない。イスラエルでテロリストとしての訓練を受けたバグダン男なのだ。

また、バグダディが重傷を負ったときにはイスラエルの病院に逃げ込んでおり、イラク軍はそれを確認して公表している。

さらに、バグダディはモサドによって丸1年間、神学と演説法の他に強力な軍事訓練を受けた人物である!と、スノーデンがNSAの機密文書から暴露している。

「イスラム国」をつくるために、CIAとモサドは配下のマケインを何十回シリアやイラクに派遣したか?! 下の写真(合成写真ではない!)を見れば、真相が見えてくる。

バグダディ=バグダン男

Baghdadi01


Baghdadi02 Baghdadi03


ジョン・マケイン:「イスラム国とは、いつも連絡を取っている」

国家を丸ごと破壊し、収奪し、支配する!

イスラム国をつくったのは、イスラエルと(その属国)アメリカだ。

その目的は、シリアを破壊し、崩壊させて、シリアを属国にし、シリアを丸ごと支配し収奪するためだ。

国家を丸ごと支配する!これがダントツ最も儲かるビジネスだ。

これを最もスマートかつソフトにヤラれているのが、ニッポン。

最も暴力的かつ破壊的にヤラれたのが、フセインのイラクと、カダフィのリビアだ。

ウクライナ破壊は、上手くいけば、キエフだけでなくモスクワも盗れる!という絵図だったが、逆にプーチンにクリミアを取られた。

国家収奪の第一歩は、国家破壊だが…、
シリアの場合も、先ずイスラム国(ISIS)が先兵として乗り込み、シリアの多くの街々を徹底的に破壊し、シリア全土を滅茶苦茶に荒らし、シリアの人びとを殺戮してきた。 
(記事)

そのイスラム国(ISIS)のリーダーが、バグダディだ。
バグダディは、まさしく凶悪なテロリストである!

このようにワシが、藪(ヤブ)の中にある真実をエグりだし、自信をもって公開できるのは、歴史的な事件の背後にある大きな流れ(コンテキスト)を把握しているからだ。 \( キッパリ! )/

いま、プーチンのロシアは、中東の破壊&殺戮集団・イスラム国(ISIS)を、巧みなピンポイント爆撃によって壊滅状態に追い込んでいる。

こうして、やがて…、
中東は、プーチンのロシアの手によって安定するだろう。

そうして、やがて…、
中東の地図が塗り替えられる! ―米国が中東を手放すときが迫っている―

上のリンクは必読&熟読です!>皆の衆
飯山 一郎


次は日本



日本は、もうダメです
http://ameblo.jp/kaito000777/entry-12031605335.html




除染すらできなかった
被曝空母。

それがロナルドレーガンです。

何故日本に返還されたのか、
トンデモない滅亡国家にはわからない。

ばかか。

ダダゴネやってれば
既得権益が守れるとばかりに
毎日バカ騒ぎやってればいい。


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか