植民地日本 ISISサイコ裁判所



43年前に死刑判決を言い渡された89歳の日本人 刑務所で死亡

© Flickr/ Thomas Hawk
日本
短縮 URL
123106

「名張毒ぶどう酒事件」で43年前に死刑判決を言い渡された奥西勝(おくにし・まさる)死刑囚(89)が4日、東京都にある医療刑務所で死亡した。死因は肺炎だった。法務省が発表した。


奥西死刑囚は、1961年に三重県名張市で5人が死亡、12人が中毒症状で入院した「名張毒ぶどう酒事件」で、殺人罪などで死刑が確定した。

一審では、自白と客観的事実が矛盾しているとして無罪となったが、二審では死刑判決が言い渡され、1972年に最高裁で死刑が確定した。それ以来、 奥西死刑囚と弁護士は、何度も再審を求めた。そして2005年に再審の開始が決まったが、その後、取り消され、現在、9度目となる再審請求を行っていた。



日本という元祖ISIS植民地では
全てが冤罪とでっち上げと
言いがかりと
隠蔽ともみ消しです。

国民は3歩歩けば忘れるニワトリ脳。

無実の人間は証拠もなく死刑。
無実の証拠があってももみ消して死刑。

そして
本物の殺人鬼たち
今日も自由に歩き回っています。

さすがネタニヤフ仕込み
ザコポチ植民地司法です。




コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか