さすが人体実験場の日本



非常事態省 将来の脅威として遺伝子変異兵器などの出現を予想

© Fotolia/ DDRockstar
サイエンス
短縮 URL
150744

ロシア非常事態省は、将来の軍事紛争には、地球物理学及び遺伝学の領域で開発された兵器が現れる可能性があると見ている。そうした結論は、国際消防・救助フォーラムで採択された文書の中で述べられている。


非 常事態省は、潜在的脅威として、指向性エネルギー兵器、そして非致死性の放射線・電磁波兵器、さらには地球物理学的、遺伝学的兵器を考えている。又非常事 態省のデータによれば、情報の客観性に影響を与える力を持った情報兵器も、以上のものに劣らず危険だとみなしている。

なお文書の中では、今後現れ得る兵器の中で最も深刻な脅威となるものとして、地殻の中を流れる地球物理学的プロセスの変化、ヒトのDNA構造の異変、遺伝子変異と遺伝病などを呼び起こす兵器が挙げられている。


低線量長期被曝実験「食って吸って住んで応援」に
ウィルスぶっかけ遺伝子変異「IPS細胞注射」に
集ストデマ世論操作「ツイ&トゥギャ攻撃」に

日本は最先端兵器実験場として
たゆまぬ努力を続けています。

すばらしいっすね。

さすが筋金入りの植民地。


世界で始めて行われた、患者自身のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った目の網膜の組織を移植する手術から、1年が経過したが「経過は良好」だ、との ことだ。高橋政代プロジェクトリーダーを長とする理化学研究所の学者達と、神戸の先端医療センター付属病院の医師達が、発表した。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/japan/20151003/988863.html#ixzz3nXefYrbz



IPS それおもっくそ、モルモットって言うんぢゃ・・・
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7892.html

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか