中国4000年の歴史なめんなよっ


熱烈!放知技!
放知技
『放知技』は、射能地獄を生き抜き生き残るための恵と術を伝え合う掲示板です。
上の文句が『放知技』の(かた苦しい)主旨だ。
が、いま、アクセスが激増している。超人気の掲示板だ。

で、ワシは最近、メイン・スレッドの『飯山一郎へ伝言・密告・質問・短信etc』にバンバン書きまくっている。
放知技』は、いま、ワシの主戦場になっている。
どうぞ、アクセスしてみて下さい。

きょう盛り上がった話題は「中国人の爆買い」。
飯山御大。
た、っ大変です。
大阪ミナミは今中国人民に占拠されています!!!
日本人がいません!!!

爆買いしまくってます!
爆食いしまくってます!
すんごいパワーです!

誰だ、中国が崩壊するとか、あらぬデマを流す阿呆は!
これ見たら、誰でも嘘だとわかりまっせ~!

以上、実況終わり。 (堺のおっさん

中国人の「爆買い」には、不思議なカネ(日本円の1万円札)の動きがある。それは面黒い流れだ。

え~と。中国人買い物客が来日する際の「手持ち現金」の平均は、日本円で100万円程度だ。

100万円の「手持ち現金」なのに、1000万円!2000万円!と爆買いし、現金で支払う。

この「爆買い現金」を、中国人はどこで手に入れるのか?

じつは、中国人観光客に欲しいだけ無制限に現金を渡す者がいるのである。

ひそかに土地やマンションを買いたい中国人には、5億円でも、10億円でも渡す…。

カネを中国人観光客に渡すのは、「中国地下銀行」=「闇の銀行」=「アンダーグラウンド・バンク」の職員だ。

中国地下銀行の地下のネットワーク、「円の宅急便」は、日本全国に張り巡らされている。

中国人観光客が日本に来て使う日本円の現金は、1年間に2兆円~6兆円。統計はE~加減だ。

では一体、中国地下銀行は、2兆円~6兆円もの日本円を、どうやって調達するのか?

そのカネは、じつは、日本人が日本から上海や香港やマカオに持っていった日本円。

その額は、1年間に2兆円~6兆円。統計は出鱈目で、委細は一切不明。

その2兆円~6兆円の現金(日本円の現物)がコンテナ船に乗って、ひそかにウラのルートで日本まで運ばれてくる。
そのコンテナ船が、闇夜にまぎれて着岸するのは、九州の某漁港が多い。

1個のコンテナには、数千億円の日本円の1万円札が収納されているという。

前置きが長くなった(長過ぎる!)本論に入ろう。

いま、日本人のカネ持ちは(小ガネ持ちも)、日本円を外貨に替えておきたい!と考えている。ところが、この外貨への換金は、日本人には中々出来ない。

そこで! 中国地下銀行(闇の銀行)が、闇にまぎれて(ヤミで)、日本円を「元」「スイスフラン」「香港ドル」などの外貨にして、上海や広州の銀行口座に振り込んであげましょう!

こういう「商売」を中国人の「闇の銀行」が、はじめている、と。

日本人から日本円を預かって…、その日本円は中国人買い物客に渡し、同額を中国本土で回収・換金し、日本人の口座に振り込む!という「商売」だ。

こういう「商売」は、中国人にしか出来ない。

中国人の「闇の銀行」(複数)は、日本国内においても、緻密で大胆なネットワークを張り巡らせている。

カネのあつかい方や動かし方において、中国人のシステムは世界一だ。日本人は足元にも及ばない。

かくして中国人は、いま、地下銀行(闇の銀行)システムにおいても、世界の覇者となっている…。

その力量を知らずに「中国人、嫌い!」などと言っている日本人は、井戸のなかの「茹でガエル」だ罠~ww
飯山 一郎

というわけで
ぎのごちゃんも元に
変えられるものなら
かえたいが

どういうわけか
円が
全然ないという事態にwww

清楚で可憐なので
全然怒ってないように
見えるらしいんだけど

ハラワタ煮えくり返っています

うふふふふ・・・


あんまし腹が立ったので
気晴らしに
アップルパイのパイを仕込中

けっこー力がいるので
貧血起こしましたー★

貧血起こしたまま
「あっ コーヒー豆もなくなったっ」
と、必死こいてコーヒー豆の薄皮を
洗い落としてたら
さすがに、倒れそうになりましたー★

適当に、やめとけよ、という話

けっこーひつこい性格です(爆w)

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか