ひとまず、民族浄化はおいといて


2015/10/01(木)  深呼吸ができる! 10月
日本中が すがすがしい!
飯山センセの予想記事、大当たりの可能性が大。ホントに小躍り位してもいいかもです。 (by ビンゴたろう)
カラリ1 カラリ2
東京も銚子も、湿度がガク~ン!と下がった。調子E~ぞ!
ワシは『てげてげ』や『放知技』で大胆な予測記事を書く。
その大半が大当たり! 下の予想記事も大当たりだ。

これは、日本の爺さんたち(ワシの友人で最高レベルの知識人)がスカイプで真剣に議論を重ねてきた結果で、日本の爺さんたちがイカに有能で、タコがいないか!鼠~証明…鴨寝www

  ・『放射性水蒸気の噴出が止まっている!
  ・『
臨界デブリに劇的変化があった!』 ←大当たり!

9月23日の大見出し
臨界デブリに劇的変化
濃霧が消えた
逃げる必要は ない!
逃げる必要は ない! と書いたら、「逃げろ!」が口グセの思い込みの激しい阿呆ブロガーが「飯山一郎は体制側!」みたいな悪宣伝。 逃げたくても逃げられない人々がゴマンといるのに…、「逃げろ!逃げろ!」は無思慮だし、軽率な発言だ。 「逃げない奴は馬鹿だ!」とまで叫んでいた“隠れ原発ムラ”の男がいたっけな。

放射能まみれの国になってしまったニッポン。そら逃げたほ~がE~んだが、今は、日本中どこに逃げても放射能まみれ。

やはり、ワシが言い続けてきたように、自宅の寝室や居間を『放射能ゼロ空間』にして、そこで豆乳ヨーグルトを食って、あらびき茶を飲んで過ごす!これが一番なんだな!

こういう考え方生き方をしたら、東京にいるのに前よりも健康になった!と言うヒトが、ゴマンといるんだから…、「逃げる!という発想」は、駄目!と言っておく。

ところで、ワシの予測『わが祖国、日本は助かる!』という予測だが…、放射性水蒸気がモクモクの間、ワシはヒヤヒヤしていた。

ところが今読むと…、
自分で言うのもナンだが、これが読んで面白くてタメになる講談社。
勉強になるから熟読して欲しいんだわ!>皆の衆

本稿の本日の表題は『深呼吸ができる! 10月』。放射性水蒸気が止まり、偏西風が吹き始め、大雨が降れば…、ニッポンは、深呼吸ができる空気が爽やかに流れる!

こんなときに空母ロナルド・レーガンが来やがったのは、何か不吉だが…、でも、あまり余計な心配せずに、深呼吸するべ!>みんな

【注】 「面白くてタメになる」は、昔の講談社のヒット・コピー。
飯山 一郎





 【シンガポール】米海軍のレイ・メイバス長官は30日、ウォール・ストリート・ジャーナルに対し、米国は米中共同演習の拡大を歓迎するとの見解を示した。軍事関係の深化や、アジア・太平洋海域での最近の緊張を和らげる一助になるとしている。

 米中政府は今年、アジアでの領海権をめぐる中国の行動をめぐって舌戦を展開してきたが、メイバス氏のコメントは米軍当局者のトーンが最近になって和らいだことを反映しており、外交関係の緊張にもかかわらず、より強固な軍事関係を醸成しようとする試みを裏付けている。

http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304180804580062762572975560


レイ・メイバスに関して
日本のマスゴミは
ほとんどとりあげていないのだ!

てことは
ネオコンポチのマスゴミにとって
うざーい人なわけ?


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか