それは温度差


大したことはない

きのこ女史が自ら編集した短い動画。
フクイチ・ルミナリエ再開 という記事をきのこ女史が書いた。

そのセイで「3号機のデブリが、また暴れ出したのか?!」という問い合わせが殺到。鷲は昼寝もできず、きょうが〆切りの『スターピープル誌』の原稿も書けなかった (T_T)

しかし、きのこ女史の情報は、いつも、短い啖呵(タンカ)でコトの本質をエグる真実情報なので注視・注目しないワケにはいかない。

今回、きのこ女史は、短い啖呵ではなく…、彼女が自ら編集した短い動画で、フクイチの「ルミナリエ再開!」を発信している。

その意味するところをキチンと分析して、合理的に説明する!

それを鷲みたいな半ボケ老人がしなければならない!(鷲以外は誰もヤラない)という「日本社会の知的劣化現象」が、(日本人として)口惜しい!

飯山一郎、現在、珍しく頭脳明晰。本気で解説します!

さて…、 きのこ女史が自ら編集した短い(上の)動画には、たしかに「チェレンコフ光」らしき発光現象が見えている。

しかし、これは中性子線による本物のチェレンコフ発光現象ではない。つまり、中性子線が激しく放射されて起こる臨界現象ではない。

しかも、大量の湯気・水蒸気の噴出現象が見られない。

おそらく、4年前から地上に散乱している大量の核燃料棒が発射する「放射性発光現象」だろう。大したことはない。

ただし! 2号機の原子炉内と燃料貯蔵プールにあった核燃料棒が、いま、団塊デブリとなって再臨界している!という可能性は、ある。そういう悪い予感がする。おそろしい。成り行きを注視するほかはない。


3号器のデブリは沈静中。…とワシは見ている。これは安心。
飯山 一郎


9月6日から9月19日までの
一連のもくもく映像をみてほぴい。

大量の蒸気
火の玉
超高温の熱風による陽炎

止めは19日早朝の爆発的蒸気

この間、3号機の下で
とんでもない状態が起きようとしていた。

ミニ太陽化した巨大デブリが、
どびゃーーーんと実が飛び散る間際?

が、地中で最悪の事態は免れ
何とかバラバラになった。

大量の中性子線蒸気は飛ばしたが。

東電ですらどうなってるかわからないというもん
庶民は観察と推測と仮説をたてるしかない。

この仮説はあたっているだろう。


そして今日の深夜の映像はこれ↓



ルミナリエなんだけれど
熱風陽炎も大量の蒸気もない。

ないといっても、
汚染蒸気でモクモクはしているが。

よって、とりあえずの「大参事」は
延期になったと思われる。

だがしかし

何が怖いって
大参事は世界の破滅だから
その前に、軍産複合体が
ロナルドレーガンを使って
日本人を日本に人質にとったまま
フクイチ全体を核爆発で
残りのミニデブリ予備軍もろとも
ふっとばすことだーーー

オーメン計画は絶対阻止せねばならん

日本は汚染どころが一瞬で民族浄化の危機なのに
全くそのことに触れさせない
安保反対ちんどん屋ラップデモで
汚染空気を吸いまくってる場合ですか、だ。

そうなれば、安保デモどころじゃないでしょ、と。

物事には、当たり前だが優先順位がある。

冷静に考えればわかること。

それがわからない日本は、
どうしたって発狂中なのだ。


そもそも
清楚で可憐な
可愛いだけが取り柄のきのこちゃんが
なぜに毎夜
フクイチの観察と動画編集を
タダでやらなあかんねん?!

こんなもん、
税金乞食の霞が関が
せなあかんのちゃうんか?!

あぁ?!!!!!!!!


と、あほの上司に言っておけw

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか