ハニートラップ史 楊貴妃編

842:飯山一郎 :2015/09/22 (Tue) 22:00:24 host:*.ocn.ne.jp
>>838 楊貴妃こと華ちゃん江    E~爺ちゃん与利

楊貴妃日本人説は「真実」に近い「物語」です。『日本書紀』も「真実」に近い「物語」です。

古代日本人は「日本」の独立を守り、大唐帝国から侵略されないように「知恵」を使いました。

「知恵」とは…、
・『日本書紀』のような大ウソのハッタリ歴史物語をデッチアゲて、大唐帝国を説得したり、
・楊貴妃のような傾国の美女を敵国に送って、ハニートラップ(色仕掛け)にかけたり、
・粟田真人や阿倍仲麻呂のような超々天才の知識人を敵国に送って、説得させたり、
とにかく古代日本人は、武器や武力ではなく、アタマ(知恵)をつかったのです。

爺ちゃんは、2~3年うちに、中国かロシアの領地を借りて(租借)、『新日本国』を
建国しますが、そのとき、プーチンや習近平に意地悪されたら、華ちゃんに相談します。

そしたら、華ちゃんは楊貴妃みたいに、プーチンのベッドにもぐりこんで、プーチンを
説得してきて猪ー大寝!

おとこのヒトに、おんなのヒトが可愛がられるのは、「愛」のためだけでなく、「国」の
ため!という大きな目標(大義名分)があったほうが、おんなの人生は、面黒くなります。

そういうコトを考えるための教材として、『長恨歌』(白居易)という長い漢詩を読んで
ください。

この詩を読めば、楊貴妃が玄宗皇帝に可愛がられる可愛がられ方が良く分かります。

きょうの文章は、けっこうむずかしいとおもいますが、なんども読めば分かってきます。

837:飯山一郎 :2015/09/22 (Tue) 21:09:22 host:*.ocn.ne.jp
>>835 華ちゃん

華ちゃん、楊貴妃は、処刑されていませんよ。
楊貴妃は「密室で処刑」という記録がありますが、遺骸の確認書がないのです。

楊貴妃を熱愛する玄宗皇帝は、楊貴妃を変装させて、なんと!日本に送りました。

なぜなら…、
楊貴妃は、じつは、唐が日本に侵略してくることを恐れた名古屋の熱田神宮が、
唐の玄宗皇帝をタブらかすために送り込んだ刺客(女神の化身)だったのです。

それで、唐を衰退させるという任務を遂行した楊貴妃は、熱田神宮に戻りました。

なお、楊貴妃を日本まで送り届ける作戦は、玄宗皇帝の側近で阿倍仲麻呂という
日本人が進めて…、757年、楊貴妃は日本に到着、作戦は見事に成功したのです

上の話は、爺ちゃんの作り話ではありません。名古屋の熱田神宮にいけば、証拠
も見られ、詳細な歴史の説明書を読むことができます。爺ちゃんは読みました。

義経がジンギスカンになったという話はウソですが、楊貴妃が日本に戻った!と
いう話。これは、やはり、疑いながらも、一回は信じたほうが、面黒いです。

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15511504





熱田神宮 境内案内 清水社
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/about/keidai/

熱田神宮境内の「隠れパワースポット」!!
http://ameblo.jp/cek1101518/entry-11394612627.html


面黒い人生は
大変そうだwww




904:飯山一郎 :2015/09/23 (Wed) 18:08:50 host:*.ocn.ne.jp

>>874
 楊貴妃こと華ちゃん江    E~爺ちゃん与利

白楽天の『長恨歌』は、男の人が女の人に夢中になると国がほろぶまである!ってこと
が分かる長編詩です。

『長恨歌』は、楊貴妃ちゃんも良~く読んで、悪い男の人をどんどんダマシて、アメリカ
みたいな悪い国を女の魅力を悪用して滅ぼすような魅力のある悪女になってネ!

あ、楊貴妃は、安禄山の反乱から逃れて中国を脱出、山口県の向津具(むかつく)半島
に上陸しましたが、ここで病死しました。その後、楊貴妃の荒魂(あらたま。成仏でき
ない魂)を、熱田神宮が呼び寄せ、祝詞(のりと)をよんで鎮魂・鎮霊しました。

上の話は歴史的な事実ではなく「歴史物語」ですが…、楊貴妃が日本に戻った!という
伝説がしつように残っているのは、大きな意味があります。

それは、古代の日本国が、大唐帝国に滅ぼされないように「くノ一」(女忍者)を唐の
国に放って、唐の皇帝や唐の高級官僚を女の魅力でメロメロにしてしまおうという執念
があったことは確かだからです。

楊貴妃ちゃんも、爺ちゃんがつくる『新日本国』に来たら、「くノ一」(女忍者)の修行
をしてくださいね!

あ、上の話は、アメリカ人のグレゴリー・サリバン君には、内緒にしておいて下さい。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか