百済王



御 製
夕やみのせまる田に入り稔りたる
稲の根本に鎌をあてがふ
ご決意 根本に鎌
朝ではなく… 明るい昼間でもなく… 夕闇が迫る頃…
あたりが暗くなりかけた晩秋の稲田にお入りになられ…
たわわに稔って頭(こうべ)を垂れた美しき黄金色の稲…
その稲の根本に鎌をあてがい ググッと一気に刈り取る

これは… ただの稲刈りではない

天子さまは…
深い深い御覚悟と固い御決意を歌に籠められた…


などてすめろぎはかくも鬼気せまる御製を詠まれしか

「稲の根本に鎌をあてがふ」
ここまで激しい異例の言葉を吐かれた…
陛下の御心情(御心)や如何に?


苦しまれておられる…、と思うは「下衆の勘ぐり」

ヒントは、
京都御所が大改装され…
江戸城は「松の廊下」が見学者用に改修された…


ということは、夕闇迫る「稲刈り」の田は、京都…

日本人の心に よどみながらひろがる深い悲しみを
天子さまが一気に刈り払われる日は、近い!
(飯山一郎)


京都御所一般公開
http://www.kunaicho.go.jp/event/kyotogosho/kyotogosho.html
施設案内ビデオ
http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/kyoto.html


天皇は今の中国の古朝鮮「百済国」からやってきた
天武天皇の子孫です。

皇室文化のルーツは今のロシアのアルタイ地方です。


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか