おいでませ ブリヤート共和国


ブリヤートにいらっしゃい!


ブリヤート共和国_①: このあとの②、③、④も観る価値があります。
「日本人は、2~3年うちにロシアに行くことになるんだって?」
「そうみたいね。シベリアにあるブリヤート共和国に行くみたい。」
「シベリア?! すげ~寒いんじゃない?」
「どの家も暖房完備で、天然ガスもタダ同然だし…、大丈夫!って、飯山一郎という爺さんが言ってるみたいよ。」

最近、「日本人のロシア移住説」が日本中を飛び交っている。
「発信源は飯山一郎だ!」と言う人がいるが…、当たりだ!www

きょうは 「なぜロシアなのか?なぜブリヤートなのか?」ということを改めて説明したい。

先ず、ブリヤート移住というシナリオ」は、飯山一郎の独自のシナリオではない!ということ。

さて…、
ロシアが日本人向けに日本語で情報発信をするサイトである『ロシアの声』や『スプートニク』。このサイトにブリヤート情報が載り始めたのは、2年間ほど前だった。

鷲が最初に「おや?」と思ったのは…、
奇跡を求めてブリヤート共和国へ』という記事だった。この記事は「ブリヤートと日本の信仰の類似性」が感じられる様々な場所にロシア側が日本人記者案内する、という内容だ。

この記事以来、ロシアは「ブリヤートと日本の関係」を強調する記事を日本語で発信し続けている。

最近のものでは 『息子らよ これがタイガだ ブリヤート』に載せたロシア発の記事が重要だ。

「あきらかにロシアは、何らかのメッセージを発している!』と思える記事だからだ。

このように、ロシアが様々なサインやメッセージを日本人宛に日本語で送ってきている事実。これはプーチンのロシアが、バイカル湖近辺のブリヤートあたりに日本民族を巧妙に誘導するシナリオ(絵図)を描いている!ということだと、鷲は「深読み」している。

ロシアの「誘導」(誘い)に乗るか? 乗らないか? はたまた強引に乗せられるか? 乗らざるを得ない事態が来るか? …様々なシナリオが考えられる。

乗らざるを得ない事態が来る! と、鷲は予測している。

理由は、フクイチの臨界デブリが放つ“人類を滅亡させるほど大量の殺人ガス”だ。

フクイチの臨界デブリが放つ殺人ガスによって、日本列島の全域が居住には不適切、あるいは居住不可能となってしまっている事実。

このことを日本人の大半は認識できないし、認めないだろうが…、ロシアは「ブリヤートにいらっしゃい!」とサインを出してくれている。

そうしたなか、プーチン大統領は去る9月4日、世界史を変えんばかりに重要なメッセージを世界と日本に発信した!

それは、『露大統領:現在ロシアにおける主な発展の中心は極東』という記事に載っている。 (記事)

プーチンのロシアは、極東開発=シベリア開発を最重要視する!というのだ。

そうして、日本人には「ブリヤートにいらっしゃい!」とサインを出している…。

このサインには、「その代わり、フクイチの臨界デブリは、ロシアが国家の総力を上げて鎮圧してあげます!」というウラのサインも含まれている、と。
飯山 一郎




ブリヤート料理



めちゃめちゃ美味しい!

http://ameblo.jp/gakugakugaku1/entry-12003641272.html


おいしいのかぁ


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか