かっこいいなぁ


爺ちゃんのような婆ちゃんが…
爺婆ちゃん
今年も鷲のGF(75)が東京から志布志に来てくれた。

ガールフレンド(GF)つっても、いっけん爺ちゃんのような婆ちゃんで…、相変わらず今年も爺ちゃんのような婆ちゃんだ。

上の写真は、GFらしく鷲にしなだれかかり気味だが…、この婆ちゃんは講道館柔道の2段の腕前。腕などは鷲よりも筋肉がある。
筋力も強い。おそろしい!

鷲のGF(75)は小柄だが、刈り上げの短髪で、威勢がよくて、ほんと、たくましそうな外観で、喧嘩も強そうで、どこから見ても、ど~見ても、爺ちゃん!という雰囲気の婆ちゃんだ。

この爺婆ちゃんがキレの良い東京弁で話す話は傑作で…、ほとんど独演会。さすがの鷲もタジタジ

「この前もネ 温泉の脱衣場に入ると、キャーッ! ここは女湯です!」

「先週、東京駅の女子トイレに入ったら、いきなりキャーッ!

「アタシは、ほんと、見た目が爺ちゃんなので仕方ないけどサァ。温泉浴場の警備員に『はい、あんたはアッチの男湯!』って、しょっちゅう言われるし…」

まーまー爺婆ちゃんの話芸は、まさしくエンタテイナーだ。

そんなワケで、今宵も『南民旅館・ほうちぎ』は盛り上がるだろう。
飯山 一郎



漏れた話があったので、追記です
爺ちゃんのような婆ちゃんは…、大昔、娘だった(過去完了形)頃から男みたいな女性だったそうで…。

結婚式の日…、初夜の床(当時はベッドなんてモノは、なかった)で、胸を愛撫しようとした新郎が、

「アレ?」

と怪訝(けげん)な声を出し…、
そのあと、しみじみとこ~言ったそうだ。

「オレは、男を嫁にしちゃったよ~だなぁ~」 と。

このとき…、
その青年のような花嫁は、柔道初段。筋骨隆々だった!と。
飯山 一郎


ぎのごちゃんも柔道習いにいこっかなー


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか