穴蔵で昼寝 放射能対策



テレグラフ紙、昼寝は命を救う

© Fotolia/ Yuri Arcurs
サイエンス
短縮 URL
127240

短時間の昼寝は心不全の起こるリスクを下げる。ギリシャのアスクレピエイオン・ヴォウラ病院の研究結果をテレグラフ紙が引用して報じた。

研究を率いるマノリス・カリストラトス博士によれば、高血圧であっても昼寝を好む人は血管や心臓に負担があまりかからない。

病 院が、高血圧に悩む平均年齢61歳の400人の男女を対象にした調査を行ったところ、短時間でも昼寝を行っている患者は休息後、およそ5%血圧が 下がっていることがわかった。学者たちは短時間の午睡は心不全の発生回数を少なくするために十分だとの見方を示している。脈拍数も1時間の昼寝をする患者 はしない患者に比べると良い数値が記録されている。

カリストラトス博士は昼寝を現代の生活様式に取り入れなければならない「過去の習慣」と語り、勤務スケジュールや忙しい日程から昼寝ができるのは限られた人になった現状を嘆いている。



吸った放射能は、
まずは脳と心臓に行きます。
無理は禁物。

突然の睡魔を無理をしても無駄。
放射能ゼロ空間を作り
眠くなったら寝る!

これ鉄則。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか