おじいさんの値段 1万2500円





冤罪により警察に制圧され死亡したおじいさんの補償金、たったの1万2500円… / 虚偽の通報をした女は


冤罪により警察に制圧され死亡したおじいさんの補償金、たったの1万2500円… / 虚偽の通報をした女は
いまだ見つからず



2004年に三重県四日市市のスーパーでハムスターの餌を買いに来たおじいさんが子供を抱えた女性による虚偽の通報で泥棒に間違われ、市民3名に取り押さえられた後警察により制圧されたショックで翌日に死亡した事件をご存知だろうか。

通報した女性は財布を取られたと話していたようだが、おじいさんは自分の財布しか手にしていないことなどから、その後誤認逮捕であることが発覚した。ま た、防犯カメラには男性の犯行を示す状況は写っておらず、逆に女性がおじいさんの体を触るような行動を見せた後、いきなりおじいさんの胸ぐらをつかみ揉み 合っている姿が映されていたという。

事件から7年間が経過し時効を迎えた2011年の3月、津地検四日市支部は時効によりおじいさんを不起訴処分。その後遺族へ補償金を事件発生後おじいさんが亡くなるまで「拘束」された1日分の上限額『1万2500円』を支払う通知が届いた。


色んな殺害方法が
あるんですねーーー

華麗なる連係プレイ


そもそも、よぼよぼの
一般のじーさんを取り押さえるのに
死ぬほどの暴力は
一切いらんだろーが。

「おじいさん、ちょっとこっちに」でいいだろ。



あいつが犯人だ!

集団リンチ

追いはぎ強盗


このおじいさんが死ぬことで
こっそり儲かったやつが
いるかもね

特許強奪とか


STAPとられた笹井さんとおぼちゃんみたいにー

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか