霧島と言えば・・・


売れすぎてラベルが在庫切れ
飯山一郎ブランド
先日、『飯山一郎ブランド・霧島の秘水』の能書きを色々と書いたら、人気が沸騰してバカ売れ!

それもそのはず、「放射能ゼロ!で、ケイ素やサルフェートがたっぷり入ってて、硝酸態窒素もゼロ!しかも品質を飯山一郎が常にチェックして、個人保証している。それなのに、2Lペットボトル1本の値段が68円!」とくれば、これは売れるのは当然だ。

それで現在、アマゾンには在庫なし! あげくボトルに巻く商品ラベルの在庫も切れてしまう始末。

そこで、お願いとお詫びなのですが…、
ラベルは、上の写真のようなキレイなものではなく、紙に印刷したものになります。

皆様、どうか、この飯山一郎メに免じていただきまして、ご勘弁を賜りますよう、切にお願いを申し上げます。恐惶謹言。

毎日毎日、ホント、色んなコトがある。
このところ鷲らは、バカバカしい電話で悩まされている。

「桜島だの川内原発。大変みたいね? 鹿児島は大丈夫?」

こういう電話が一日に何本も東京方面から入るのだ。

桜島・大噴火の予測はデッチアゲだし…、
川内原発は念入りに修理・修繕したので、放置されたままの他の原発よりも安全。
さらに「復水器に塩分混入」という理由で安全に停止させた。

鹿児島は、本当に何の心配もないのだ。
「ホ」だって、日本一線量が低いし、志布志には飛んで来てない。

とくに志布志市は、保養(いたんだ心身を癒やし、休める)には最適の『避ホ地』なのだ。

それなのに、マスコミが「桜島は危険!」と連呼するもんだから、東京のシトたちまでが「鹿児島は大変だね!大丈夫?」と心配してくれる…。

ホント、笑っちゃうよ!

たまには、東京から志布志に来て…、
蜜蜂が乱舞するのを見ながら…、
大きく深呼吸の一つもしてごらんなさいよ! つの。
飯山 一郎




バナナちゃんとみっちゃんと
3人で観光したんだが

女3人って
ずーーーーーーーーーーっと
喋ってるんだねwww

楽しすぎて
飛行機に乗って
中性子線濃霧の関西に
帰るのが悲しかったわー

バイクで追い掛け回されても
殺人も殺人未遂も
合法になる魔の兵庫

放射能すいまくりんこ


志布志にいきたーーーい!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか