再稼働反対!の罠


川内原発は日本一安全!
ブリヤート
「川内原発は延期ではなく停止された!」と仏ルモンド紙が報道。
仏ルモンド紙の報道
(記事) は事実でしょう。喜ばしい限りです。

われわれ日本人が知りたい真実情報を、日本のマスコミは徹底して隠す。日本人が知るべき情報は、ロシアの『スプートニク』や(放射能の気流予測は)スイス気象台情報などから得なければならない。

それだけではない。日本のテレビ・マスコミは、ウソの情報を平気で流す。これは、世論操作とフクイチの最悪の危機状況を隠すためだ。

まことにもって日本という国は、北朝鮮も顔負けの世界最悪・最凶の“ならず者国家”だ。情けなくてならない。

日本は火山列島で地震大国。そこら中に活断層があって、大津波に襲われる危険性も高い。

だっから日本の原発は、そこにある!というだけで危険なシロモノなのだ。日本の原発は、その存在自体が危険なのである。

そのうえ、原発という巨大な装置・構築物は…、稼働している、稼働していないに関わらず、放射線が出ているので、機械や配管や部品の劣化が激しい。日々どんどん老朽化しているし、劣化してきた…。

それなのに日本の全ての原発は、この劣化し老朽化した装置の修繕・営繕・メンテナンスをほとんどヤッてこなかった。クルマでさえ、2年に一回の「車検」という営繕・修繕が義務づけられているのに…。

そこで、鹿児島の川内原発。

今回、鹿児島・川内原発は、再稼働に向けて念入りに修繕・営繕されました。このこと(修繕・営繕)自体は良いことです。
むしろ必要なことでした。

ところが先日、稼働したばかりなのに、復水器に海水が混入していることをセンサーが検知し、(仏誌によると)川内原発は停止された。

これは、修繕・営繕後の川内原発のどの部分が危険なのか?が認知されたということで…、良いことです!

これで鹿児島・川内原発は、理想的な展開になってきました。

つまり、念入りに点検・修理された鹿児島の川内原発が停止された。これは、鹿児島の川内原発が日本一安全な原発になった!ということですから。

いま、日本全国に散在する老朽化した原発は、全ての部分・部品が劣化しています。これは一時も早く、徹底的に修理・修繕をしなくてはなりません! 鹿児島・川内原発のように。

さらに、総計何万トンもの核燃料が、全国各地の原発の燃料貯蔵プールに保管されています。

原発は、稼働・停止に関わらず危険なのです。
飯山 一郎


再稼働反対❕と叫んでいる連中って
「脱原発」を乗っ取った
「放射能は安全だけど反原発」と
意味不明系のやつら。

選挙に行こう!といって、
不正選挙には一言も触れず
そんな選挙をボイコットさせず
徹底抗戦させないやつら。

反原発の目的は
欠陥原発再稼働に向けての
総点検で「欠陥」が暴露させず
総点検費用ねん出も
その後の本気廃炉に向けての費用も
出さないで、やり逃げ


なんちゃって右翼も
なんちゃって左翼も
核クライシス「フクイチ大臨界 中性子線濃霧飛びまくり」
一言も触れない

そして表層で
わーわーあほみたいに騒ぐ
ちんどん屋

まるっと原発村ポチポチ軍団


目先の微々たる金の為に
子どもにワクチン打ちまくり
汚染給食食わせまくり
ガラスバッジ付けて歩く線量計にし

てめーの子どもも孫も
生きていけない国で
子殺しやってりゃいいんじゃねーかと
思われて笑われている

世界から(爆w)


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか