沸騰鍋 フクイチ


鹿児島は日本一安全なのに
棒干し2
棒干し
鷲は、鹿児島産の米や水や茶や肉や焼酎などを全国のファンに販売している。これは「安全をお届けする商売」である。

しかし 「飯山一郎ブランド『霧島の秘水』は…」に書いたように、利益は度外視である。ほとんど儲からない。

その結果、鷲は、大きな信用と発言力と影響力を得ることができた。
これは大きい。社会的信用や影響力は、カネでは絶対に買えない。

おっと! 今回の新商品は、鹿児島の『棒干し大根』。有機である。無農薬である。漂白剤不使用である。だから色が白くない。

この『棒干し大根』は、鷲の友人の有機農家・渡邉春一さんがつくった有機大根を、鷲の弟子・タイチー君がアレンジしてアマゾンに出品した。

もちろん、鷲へのバックマージンとか利益は無い!しかし、鷲の信用と発言力は、地元でも大巾アップだ。ガハハ!


鹿児島は日本一安全だが…、(ハッキリ言おう!)フクイチは世界一危険な状態になっている。

フクイチの4号機側からのライブカメラの異常な揺れが、昨日から連続している。JNN/TBSのライブからは、異常な爆発音も聞こえてくる。かつてない危険な状態だ。

これは、地下にあるデブリが、臨界熱によってマグマになり暴れているからだ。そのためフクイチは、手のつけられない状態になっていて…、地面は液状化現象でグッチャグチャ! 放射性物質や中性子線水蒸気が、出っぱなし!

このことは絶対に隠さねばならないので…、マスコミは「桜島の大爆発の危険性」で、鹿児島の恐怖をあおりまくり、川内原発の危険性までも言い出す始末。

断定するが…、桜島は、断じて危険な状況ではない!

もちろん桜島は活火山なので、時々は大轟音を発して大爆発し、噴煙を6000メートル近くまであげる。

このような大爆発が、近々また起こるだろう。しかし、大規模な火砕流までの災害にはならない。気象庁もそうは言ってない。

なのに、マスコミは連日、「桜島の大爆発の危険性」を言い立て、鹿児島の恐怖をあおりまくっている。

「(いま一番安全な)鹿児島に行かせない!」という思惑がミエミエだ。

このため、鹿児島は文字通りの風評被害! 予約キャンセルで、観光客がガタ減りだ。

それよりも…、
日本で最も「ホ」の危険が少なく、感激するほど空気が清浄な鹿児島で「ホ」に痛めつけられた心身を修復する!というチャンスを失った多くの観光客が可哀想でならない。

マスコミが「危険だ!危険だ!」という時は、危険ではない!
マスコミが「安全だ!大丈夫!」という時は、超危険!という法則。

分かるっしょ?>皆の衆
飯山 一郎



今日の天気
↑今日の雨雲レーダー

↓今日のフクイチ


TBSライブカメラ
双葉町ライブカメラ
東電福島第一ライブカメラ
youtube 福島第一アーカイブ
潮汐表

日本全国雨雲ほぼなしなのに
フクイチだけは
まるで
沸騰した鍋の蓋。

灼熱の湯気がカメラレンズに触れた途端
水滴になる状態。

空中濃霧には放射線と中性子線で
チェレンコフ光が炸裂です。

日本政府は国民を
核クライシスで殺している
全世界に配信されました。

知らぬは日本国民のみとなりました。

おめでとう、ジャポン。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか