人類滅亡の危機


熟視・熟考のこと
Curation
「キュレーション能力」などとヨコ文字で書くとカッコよく見えるが…、
ようするに「認識力」のことだ。

もっと正確に言えば、「肝心なことを認識する能力」のことだ。

それで…、
人間は「肝心なこと」が認識できないと、大きく道を誤る!

いま、日本の最大の難問は、フクイチの原発事故だ。
この難問以外は、すべて些細な問題だ。

記録された動画集を見れば一目瞭然だが…、
地下に溶け落ちた百トン以上の核燃料が地下水や海水と接触して大量の湯気(放射性水蒸気)を噴出させている現象は、日々悪化の一途である。

この殺人水蒸気(濃霧)は、日本列島の全域を襲い、中国大陸、極東ロシアどころか北米大陸をも襲っている。

この絶大な危機=人類滅亡の危機をシッカリと認識している指導者が、一体どれほどいるのか?というと、じつは、ほとんどいない。

天皇陛下は認識しておられるが、日本の指導者で「フクイチの絶対的な危機」を認識している人物は、ほぼ皆無。

鷲が話を聞いた小泉純一郎も「フクイチの危機的な状況」など意識の片隅にもない有様だった。 (記事)

安部首相も認識力ゼロ! 「アンダー・コントロール!」と一国の総理が断言してしまった以上、コントロールされてない情報は一切上がってこないのだ。

とにかく日本中、政界・財界・官界、「肝心なことを認識する能力」がゼロなのだ。

知識人も、大学人も、ネット人も「キュレーション能力」なし!

世界のトップ企業であるグーグル社やアップル社も、フクイチ発のプルーム(放射能雲)が到達して深刻な汚染状況になっているカルフォルニアにメイン・オフィスを移動中。「情報感度」ゼロ。何も知らないのだ。

フクイチの地下から途轍もない量の蒸気が噴出してるのに…、
ソレを1億人の日本人が吸いまくってしまったのに…、
人がバタバタと倒れはじめているのに…、
この絶対的な危機を認識している指導者は…、
日本にも世界にも、ほとんどいない!

このこと自体、豚でもない危機だ。

しかし、プーチンとメルケル。
この二人は「フクイチ=人類滅亡の危機」を克明に知っている。

この二人の出方次第で、人類の運命が、決まる!
飯山 一郎


日本て・・・
お荷物列島だよね

バカすぎてw


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか