日本デパートの商品券「円」が紙くずになる時


硝酸態窒素:ゼロ!
ゼロ!
飯山一郎ブランド
cmk2wl氏がツイッター上で、有名ブランド・ミネラルウォーターの“硝酸態窒素”の含有率をズバズバと発表していたが…、グッドジョブだ。

「で、飯山一郎ブランド『霧島の秘水』は、ど~なの?」
という質問がたくさん寄せられた。

検査結果は、上のとおりで、硝酸態窒素”はゼロ!

鷲は「商売上手だ!」と良く言われる。

たしかに鷲が推薦した商品は、爆発的に売れる!

あらびき茶などは、アマゾンの日本茶部門では、ズーッと売上第一位だ。

焼酎『華奴・白馬ラベル』も、「熟睡できる焼酎」ということで、売上が落ちない。

飯山一郎ブランド『霧島の秘水』も、売れに売れている。

だって…、
放射能ゼロ!で、ケイ素やサルフェートがたっぷり入っていて、硝酸態窒素もゼロ! しかも、その品質を飯山一郎が常にチェックして、個人保証している!

これは、牛~、日本一!どころか、世界一のミネラル水でしょ?

ところがである。
この水も、鷲に入る利益が、ほとんどないのでR。

霧島の秘水』の配送料を引いた値段は、2リットル1本で68円。

超優良なミネラル水の値段が、2リットルで68円。こんなミネラル水、ほかにありまっか?!

2リットルのペットボトル1本の値段が、68円! これは、飯山一郎には、ほとんど利益が入らない!ってことざんしょ?!

カネ・カネ・カネの世の中で、そしてネット通販で…、
カネ儲けはヤラない! ヤッてない! やろうともしない! 鼠~人間は、おそらく飯山一郎だけだろう。

なぜ?どうして飯山一郎は、こんな生き方をしているのか?

答は、二つある。

一つは、放射能社会のなかで、鷲は、同志・同胞のために、徹底した奉仕と助け合いの精神で生きていきたいからである。

二つ目。これは、飯山一郎の深い深い人生戦略なんだが…、
カネ儲け主義(拝金主義)を捨て去った人間には、
信用と信頼が集まる!

という法則があるのだ。

ゼニカネなんてモノは…、いくら貯め込んだところで…、
間もなく、使いたくても使えない!という最悪状況がくる。

これは「国が滅びれば、国の通貨も滅びる」というだけでなく…、「日本全国、シャッター商店街だらけになるので、買いたくても人がいないし、商品もない」という極限状況が来る!鼠~こと蛇。

分かるかな? 見えるかな? 見透かせるかな?

極限状況が見えない人は…、
思い知る時が来るまで、全く何も見えないだろう。
飯山 一郎

 


日本デパート丸ごと倒産

海という鉄格子に囲まれ
逃げられない
アウシュビッツの中で


そーなったら
何とかして
ほうちぎ」まで
逃げよう

そしたら、どうにかなるだろう

多分・・・w

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか