広島・長崎原爆裁判をやりますよ、宣言




日本人は広島と長崎への原爆投下に対する米国からの謝罪を待っている

© Flickr/ Dai Fujihara
日本

「スプートニク」広報部 8月6日モスクワ

国 際通信社・ラジオ局「スプートニク」の依頼により日本でPopulus社によって実施された新たな世論調査「スプートニク。世論調査」によると、世論調査 に回答した日本人の過半数以上(61パーセント)が、米国は広島と長崎への原爆投下について謝罪するべきだと考えており、回答者の74パーセントが、原爆 投下によって大勢の市民が命を落としたため、戦争だからといって原爆投下を正当化してはならないと考えていることが分かった。



米国、広島・長崎原爆という残虐行為で国際法廷に問われるか?

© Flickr/ Thilo Hilberer
日本

ロ シア議会下院のナルィシュキン議長がモスクワ国立国際関係大学で開かれた原爆投下70周年をテーマとする円卓会議で、広島・長崎原爆に関する国際軍事法廷 を開く必要がある、と述べた。著名な政治学者で元駐日大使、アレクサンドル・パノフ氏はこれに次のようにコメントしている。

~中略~

法廷開設は米国が否決するだろうから、現状では、政治家、社会活動家、学者、記者らからなる国際社会法廷の開設が可能なだけだ。こうした 人らが集まり、問題を討議し、独自の判決を下す、というものだ。それは非常に大きな意義をもつだろう。もしかすると、法的拘束力ある国際法廷の開設を判決 として出すかもしれない

続きを読む http://jp.sputniknews.com/japan/20150806/708042.html#ixzz3i2lg4tMj



その方向で
準備は整っているんだろう

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか