フクシマ 3号機は飛び散った キッパリ


これほど破壊されたのに…
破壊の極み
拡大
燃料プールは 異常なし?

3.14の大爆発で、原子炉や貯蔵プールにあった核燃料は、すべて飛び散った!飛散した!この悲惨きわまる状況は、上の写真を見れば一目瞭然!サルでも分かる。

ところがである。

昨日あたりの日本のダマスゴミは、
「プール内に残る核燃料566体の取り出し」云々(うんぬん)と、
566体の核燃料棒を見て来たような大ウソ!
(記事)

政府・東電・ダマスゴミが、これほどミエミエの大ウソをつくのは、
絶対に知られては困る、永久に秘匿したい、鬼気せまるような真相があるからだ。

以下、その絶対極秘の真相を暴露する!

東電福島第一原発(フクイチ)の絶対極秘の真相とは何か?
それは…、
1号機、2号機、3号機、4号機。
この4つの原子炉と燃料貯蔵プールにあった核燃料棒。
この全てが、地下に、周囲に、そして海に、飛散してしまった!
その総計は、1000トン以上!

フクイチの周辺には、なんと1000トン以上もの核燃料が爆発して飛び散ってしまったまま、放置されている!…と。

このことは絶対に知られては困るので、東電と政府はマスコミを使って、「プール内に残る核燃料の取り出し」云々の大ウソを、合成してつくった動画まで使って大宣伝!

「いや!4号機は休止中だった!」と言う方は、
4号機の燃料プールは、燃料棒ごとフッ飛ばされていた!
断定しよう!「4号機もメルトダウンしていた!」
などを読んでみて下さい。

バズビー博士も述べています。
福島第一原発は、燃料が入った炉心がすべてメルトダウンしただけでなく、総ての原発建屋に核燃料プールがあるのです。そのプールの燃料棒が、水素爆発と3号機の臨界爆発で爆発し飛散した。信じられないような出来事なのです。 (記事)
フクイチの原発事故は…、
今まで皆が思ってきたよりも、はるかにはるかに激甚きわまる大災厄で…、このため、日本民族は絶滅するでしょう。

鷲たちは…、あと5年も生きられないかも知れない。
免疫力抜群の人でさえ、10年ちょいだろう。
こう覚悟して、ハラをくくって生きていくしかない。
とにかく!1年でも長く健康な人生を送る決意と根性だ!

下の動画は、(1)(2)(3)と自動的に見られる。
フクイチの4年前の大爆発がイカに激烈か!
タコでも分かる。見てガッカリして猪ー大寝ww>皆の衆
飯山 一郎




しかも、再臨界~
どうみても
大再臨界
どうしたってもっくもく~



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか