3号機は飛び散っていません?!


2015/08/01(土)  メディアの大ウソ:カスかな真実
ないものは ない





福島第1原子力発電所の3号機と4号機の写真を公開 投稿者 samthavasa
東京電力福島事務所は、3月15日に撮影された福島第1原子力発電所の3号機と4号機の写真を公開した。 写真に写っている左手前の骨組みのようなものが3号機で、右側の奥が4号機で、原発の西側から撮影したものだという。(2011/03/16)

日経新聞、ウソ書いた。
『福島第1、核燃料取り出し始動』だってさ!
事故を起こした原子炉建屋の貯蔵プールから核燃料を取り出す作業がようやく始動する。準備作業として3号機では7月にもプールに横たわる大型がれきを撤去し、1号機では月内にも建屋を覆うカバーの解体に取りかかる。(記事)
千葉日報もウソ書いた。
 東京電力は、福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールで重さ約20トンもある最大のがれきを月内にも撤去する。クレーンでの引き上げ作業中にトラブルがあればプールの水位低下や燃料破損につながる恐れもあるため、構内の全作業を中断する厳戒態勢で臨む方針だ。

 このがれきは、燃料を原子炉に出し入れする「燃料取扱機」。プールをまたぐように設置されていたが、2011年3月の原発事故の際、水素爆発で壊れ、ひしゃげた形でプールに落下した。

東電は撤去のために専用の器具を開発。燃料取扱機の3カ所に器具を引っ掛けて2台のクレーンで引き上げる計画だ。(記事)
しかし、上の記事には「真実らしき情報」がある。
構内の全作業を中断する厳戒態勢で臨むという部分だ。

構内の全作業を中断する厳戒態勢!
これほどまでに危険!鼠~コトだ。


深読みしなくても…、
8月からフクイチは豚でもなく危険になった!
というコトが良~く分かる。


8月からは洞穴生活! なるべく外に出ない!
『放射能ゼロ空間』にした家のなかに籠もる!
日本政府がツブれて…、国連による国際救助団が生き残った日本人を救出に来る日までの洞穴生活。


鷲はヤル! ヤルっきゃね~べ?!>皆の衆
飯山 一郎






福島 爆発から大臨界まで ダイジェスト



3号機は
ぜーんぶ
飛び散ったんですよー!

万が一、
残りがあっても
ぐっちゃぐちゃですよー!

その塊は、メルトアウトですよー!



見たまんまですよー!!!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか