東電元会長ら3人強制起訴!

東電元会長ら3人強制起訴へ 検察審査会議決
7月31日 17時55分

福 島第一原子力発電所の事故を巡って、検察が不起訴にした東京電力の元会長ら旧経営陣3人につ いて、東京第五検察審査会は「大きな地震や津波の可能性があったのに目をつぶって何ら効果的な対策を講じようとしなかった」などとして2回目の審査でも 「起訴すべきだ」と議決しました。これによって元会長ら3人は業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴されることになり、未曽有の被害をもたらした原発事故の 刑事責任について今後、裁判で争われることになります。
福島第一原発の事故を巡って、東京地方検察庁はおととし、福島県の住民グループなどから告訴・告発を受けた東京電力の旧経営陣など30人余りについて、全員を不起訴にしました。
こ れに対し、東京第五検察審査会は去年7月、東京電力の旧経営陣のうち、勝俣恒久元会長(75)、武黒一郎元副社長(69)、武藤栄元副社長(65)の3人 について、「起訴すべきだ」と議決しましたが、東京地検が再び不起訴にしたため、強制的に起訴すべきかどうか改めて審査を進めてきました。
その 結 果、市民から選ばれた11人の審査員のうち、8人以上が賛成し、勝俣元会長ら3人を「起訴すべきだ」と議決しました。議決の中で検察審査会は「元会長ら3 人は原発の安全対策に関わるものとして津波による事故が『万が一にも』『まれではあるが』発生した場合にも備えなければならない責務がある」としていま す。
そのうえで「平成20年に東京電力が15.7メートルの高さの津波をみずから試算していたことは絶対に無視することはできず、災害が発生する危険を具体的に予測できたはずだ」と指摘しました。
そして「大きな地震や津波の可能性が一定程度あったのに、目をつぶって無視していたのに等しい状況だった。適切な対策を取っていれば、今回のような重大で過酷な事故の発生を十分に避けることが可能だった」と結論づけました。
また、今回の議決では当時の東京電力の姿勢について「安全対策よりも経済合理性を優先させ何ら効果的な対策を講じようとはしなかった」と批判しています。
この議決によって元会長ら3人は検察官役の指定弁護士により業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴されることになりました。未曽有の被害をもたらした原発事故の刑事責任について、今後、裁判で争われることになります。

東電社長「コメントは差し控えたい」

東 京電力の廣瀬直己社長は「原発事故によって多くの皆さまにご迷惑、ご心配、ご不便をかけ、大変申し訳なく思っています。検察審査会の議決に私 どもからコメントすることは差し控えたい。東京電力としては、引き続き福島の復興に向けて廃炉や汚染水対策、賠償や除染などの取り組みを全力で進めていき たい」と述べました。

福島県知事「当時の状況など後世に残すべき」

福島県の内堀知事は「検察審査会の判断なので、コメントは差し控えたい。ただ、福島県は原子力災害の影響で、今も復興に向けて多くの課題を抱えている。東京電力は廃炉や汚染水対策をしっかりと進め、県民の安全と安心を最優先に対応してもらいたい」と述べました。
そ のうえで内堀知事は3人の旧経営陣について、「原発事故当時の状況やそれまでの安全対策がどうだったのか、後世に残すことが重要だ」と述べました。そして 「2度と福島第一原発のような事故を起こさないように、東京電力は事故の責任者として、しっかりとした対応を今後ともしていく必要がある」と述べました。

検察幹部「過失に対する考え方違う」

捜 査に関わった検察幹部は「1回目の議決があったので、今回の議決に特に驚きはない。津波の予見可能性など過失に対する考え方が検察審査会と検 察では全く違うと感じた。『万が一』や『まれではあるが』発生するものにまで備えておく必要があるならすべての重大な事故で責任者の過失が認められること になるのではないか」と話しています。
別の検察幹部は、「検察審査会の判断は尊重されるべきだが、災害をきっかけにした原発事故で個人の刑事責 任 が問われることには違和感を感じる。過失が問われた裁判ではこれまでも具体的な予見可能性が必要とされ検察としてすべき捜査は尽くしたが、震災後の市民の 判断はそれとは違うのだろうと感じた」
と話しています。
また、別の検察幹部は「市民感覚ではあれだけの被害をもたらした原発事故にここでピリオドを打つわけにはいかないという受け止めなのだろう。検察審査会が市民を代表して判断した以上裁判の行方を見守るしかない」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150731/k10010173531000.html

ネトウヨ国で
核自爆テロ会社の
3人だけが
強制基礎です。

デブリは現在もモクモクなのに
「放射能は安全!食って吸って応援!」やってる
大勢のテロリストの犯行は
放置です。

地下鉄サリン事件どころの犯罪じゃないんだが(爆w)

この国の
正体見たり
テロ国家


2015年7月21日 フクシマ第一原発 大臨界動画 



↑アノニマスから

◆2015/07/22(水)  放射性水蒸気が激増する悪寒

デブリが2個になった可能性
http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-7949.html



東電元社長、訴追の可能性あり

© Flickr/ thierry ehrmann
日本
短縮 URL
022050

東京電力の勝俣恒久元代表取締役社長が2011年3月の福島第一原発事故の関連で訴追される可能性がある。


刑事捜査に関する公共審査委員会は今日、検察に対し、先にとられた「元社長らは事故に責任がない」とする決定を見直すよう求めた。

そ の代表によれば、大勢の命を奪った悲劇は東電指導部の過失で引き起こされた。また委員会は、福島第一原発では津波の際の安全を保障するための十分 な措置が取られていなかった、としている。また委員会は、勝俣氏のほかに、さらに2人の役員が提訴されることになっている、とした。

同委員会は公的な権限を付与されている。昨年、委員会は、東電の指導者3人が提訴される、と述べた。その後検察は捜査を行い、2月、この件に将来性はない、との結論に達した。それにもかかわらず委員会は再度、決定済みの判決を争うことを決めた。

原 発事故直後、福島県民1万4700人が、元首相、役人、東電役員らの処罰を求める集団訴訟を起こした。福島第一原発を大地震やそれに引き続く津波 に耐えられるようにしなかった重過失を責めるものだ。住民らによれば、まさにそのことこそ、広大な空間の放射能汚染、住民避難、莫大な物質的損害、極めつ けに人々の死を引き起こした。


まるで詐欺ばかり…復興予算19兆円を何にどうして転用した?

復 興のためと称して大増税して国民から吸い上げたカネがいつのまにか復興ではなく、自分た ちの勝手な都合に使っている実態が明らかになりました。はっきりいってこれは詐欺であり完全な犯罪ながら大新聞の取り扱いが少ないのが腑に落ちない。一体 何に何のために騙して使っているのでしょう?

更新日: 2015年03月18日


これは
巨額の
国策横領事件でもある、




コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか